Switch news

知っておきたい世界のニュース

橋の鉄骨部分で犬を発見、点検していた作業員が偶然発見し保護

橋の鉄骨部分で犬を発見、点検していた作業員が偶然発見し保護
Twitter/Stantec

アメリカで、橋の鉄骨部分に取り残された犬が見つかり、その後無事保護された。

 

高さ37mの橋の鉄骨部分にいた

 

その犬が発見されたのは9月27日、場所はミシシッピ州の街、Natchezにある橋だという。

 

橋はミシシッピ川にかかっており、高さは約37mもあり、当時作業員が初めて橋の点検作業を行っていたそうだ。

 

すると橋の鉄骨部分で、動けない状態の犬を発見。なんとか救助することに成功した。

 

Twitter/Stantec
Twitter/Stantec
Twitter/Stantec

救助の様子が動画で撮影される

 

作業員らは犬が座っていた場所まで登り、ケガをしていないかを確認。その後、ロープを使って一時的なハーネスを作り、それを犬に取り付け、ゆっくり持ち上げて、橋の内側へ下ろしたという。

 

もっともなぜ、この犬がその場所にいたのかは分かっていない。また救助の様子は撮影され、ツイッターにも投稿された。その様子がこちら。

 

 

動画を見た人からは「彼らはヒーローだ。このニュースは今日一日をいい日にしてくれたよ」や「どうもポインターのようね。(略)この犬が救助され、今は安全だと聞いて嬉しいわ」といったコメントが寄せられた。

 

このワンコは救助された後、地元の住民によってすぐに引き取られたという。(了)

 

 

出典元:ABC7:Dog rescued after stranded on bridge 120 feet above Mississippi River(9/25)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top