「ナスカの地上絵」にトラックが誤進入、一部を破損し運転手が逮捕される


南米ペルーが誇る世界遺産「ナスカの地上絵」。このエリアに大型トラックが誤って進入し一部を破損、運転手が逮捕されるという事件が起きた。

 

世界遺産にトラックが誤って進入

 

同国文化省によると、事件が起こったのは1月27日(土)のこと。1台の大型トラックが立ち入り禁止の標識を無視し、世界遺産「ナスカの地上絵」上を走行、一部を破損したという。

 

縦約50m、横約100mに亘る広範囲でタイヤの痕跡が見つかり、地上絵の直線3本の一部が被害を受けた。

 

 

運転手の男は逮捕されたが、侵入が故意だったかどうかを確証する十分な証拠が得られないとして、同月29日(月)に釈放された。

 

地元メディアによると、運転手はタイヤがパンクし誤って遺産エリアへ侵入、標識には気づかなかったそうだ。

 

近年破損が著しい「ナスカの絵」

 

ペルー当局によると、自動車の侵入により世界遺産が破損されるのは今回が初めてではない、とのこと。そのため今後、監視を強化する考えだという。

 

しかし一方で、「ナスカの地上絵」は広範囲に亘るため、全ての地域を保護することは物理的に厳しい、という声も聞かれる。

 

UNESCOの世界遺産に登録されている「ナスカの地上絵」は、ペルーの首都リマから約400km南のナスカ高原に位置し、総面積は約450平方kmに及ぶ。(了)

 

 

出典:CNN:Truck driver plows into Peru’s 2,000-year-old archeological enigma (2/1)