【閲覧注意】切り落とされた人間の手が54個、ロシアでバッグから発見される


ロシアでバッグの中から多くの手が発見されるという、非常におぞましい事件が起きた。

 

最初に1つの手が見つかり、その後バッグに

 

その手が発見されたのはロシア極東、ハバロフスク市内付近にあるアムール川沿いの村とされている。

そこは地元の人々にも人気のある釣り場だったが、先日切り落とされた人間の手が1つ発見されたという。

 

その後、付近でバッグが発見され、合計で27組、54個の手だけが見つかったそうだ。

The SiberianTimes

死亡後に手だけが切り取られた?

 

発見された場所はVladimirovkaと呼ばれる村の近くで、中国との国境から約30kmしか離れていないとされている。

 

現在、捜査が進められているが、1つの手から指紋が検出され、残りの手についても検査が行われているとか。

The SiberianTimes

また地元メディアによれば、見つかった手のそばには包帯や、医療用と思われるビニール製の靴カバーが発見されたという。

 

このことから手を切り落とされた人々は恐らくすでに医療機関で死んでおり、その後手だけが切り落とされた可能性もあるそうだ。

 

無論、なぜこのような野蛮な行為が行われたのかは分かっていない。ただ盗みを働いた罰として切り落とされたか、もしくは容疑者らが違法に体の部位を利用し、その後特定されないよう遺体から手だけを切り落としたという見方もある。

 

地元の住民は当時、疑わしい行為など全く気づいておらず、警察もまだ詳しい情報を伝えていない。

 

それにしてもこんなに多くの手だけが発見されるとは、かなり異様な事件と言えるかもしれない。(了)

 

出典元:SiberianTimes :Macabre bag containing 27 pairs of human hands found in bag on Amur River island(3/8)

出典元:METRO:Bag containing 54 severed human hands washes up in Russia(3/8)