switch

World News Odyssey

女性が「うっかり」他人の車を盗み、2週間乗り続けるという珍事件が発生

女性が「うっかり」他人の車を盗み、2週間乗り続けるという珍事件が発生

カナダで車をレンタルした女性が、故意にではなく他人の車を盗むという、信じがたい出来事が起きた。

 

レンタカーを借り、スーパーで買い物

 

その女性の名前は明らかにされていないが、彼女は6月下旬にオンタリオ州の街、Cornwallにあるカーレンタル会社へ行き、黒い日産の「セントラ」を借りたという。

 

その後、彼女は「セントラ」に乗り、大型スーパーの「ウォルマート」へ。そして買い物を終えた女性は、広い駐車場に止めてあった自分のものと思われる車を発見。

 

鍵がかかっていない車に乗り込み、キーレス・スタートボタンを押して出発。自宅へ戻ったそうだ。

 

しかし実際には女性が乗った車は、レンタルした車とは全く別なものだった。

 

盗難の通報が警察に届けられる

 

そもそもキーレスカーは、「キーフォブ」が車内にある限り、動く仕組みになっているという。

 

そして女性が「ウォルマート」を立ち去ってからまもなく、黒い日産の「インフィニティ」が盗まれたとの報告が警察に届けられたそうだ。

 

「インフィニティ」の車の持ち主も、「ウォルマート」で買い物をしており、店から出た後に自分の車の姿が消えていることに気づいたとされている。

 

Nissan Infiniti

キーを返されたレンタル会社も困惑

 

Cornwallの警察によれば、女性はその後も2週間、日々の生活のために車を使いながら、何かが変だと感じていたという。

 

そしてレンタル会社に車を返す時、店舗のマネージャーに車内が不潔だったこと、またゴルフクラブの一式が入っていたと苦情を伝え、キーを渡したそうだ。

 

しかしそのキーを受け取ったマネージャーは困惑。なぜなら、それは自分たちが女性に貸していない車のキーだったからだ。

 

そこでマネージャーは女性に、車をレンタルしている間、どこへ出かけていたのか質問。彼女は2週間における自分の行動を伝えたという。

 

さらに2人は問題の「ウォルマート」の駐車場へ。女性はマネージャーを自分が車を止めた場所へと案内した。するとそこには借りたはずの黒の「セントラ」がそのまま残されていたそうだ。

 

その後、マネージャーと女性は警察に連絡をとり、事情を説明。「インフィニティ」は無事、持ち主へと返されたという。

 

現在、警察はキーレスカーに乗っている人々に対し、車を使わない場合は「キーフォブ」を車内に残さないよう呼びかけている。(了)

 

出典元:NYPost:Woman realizes she accidentally ‘stole’ a car — two weeks later(7/11)

出典元:The Guardian:Fobbed off: woman accidentally steals car for two weeks after key mix-up(7/10)

Return Top