Switch news




NY中心部のビルにヘリが墜落、建物が揺れ、多くの人々が避難【動画】

NY中心部のビルにヘリが墜落、建物が揺れ、多くの人々が避難【動画】
Facebook/Dan Mannarino

アメリカ・ニューヨークの中心部にある高層ビルの屋上に、ヘリコプターが墜落する事故が発生した。

 

ヘリを操縦していた人が死亡

 

この事故が起きたのは6月10日の午後1時45分前(現地時間)とされ、ヘリコプターはマンハッタンの中心部にある「AXA Equitable ビル」の屋上に墜落した。

 

そのヘリコプターは個人が所有していた「Agusta A109E」で、この事故により操縦していたTim McCormackさんが死亡したという。

 

 

この衝突で屋上では火災が発生し、燃料漏れも起きたが、その後火は消し止められたそうだ。そして現時点ではビルの中や地上にいた人に、ケガなどは確認されていない。

 

視界不良の中、ヘリが飛行する動画

 

当時、視界が悪く、付近にあるニューアーク空港やラガーディア空港も視界不良と雷雨の影響で、運航が停止になっていた。

 

そしてネットにはそのような状況の中を飛行する、事故を起こしたとみられるヘリコプターの様子も投稿されている。

 

 

また、これは事故だと考えられており、現時点でテロの兆候を示すものはないそうだ。

 

「建物全体が揺れた」

 

ここはセントラルパークの南側にあり、付近にはビジネス街が広がり、多くの企業のビルがある場所だという。

 

また事故が起きたビルはタイムズスクエアからも数ブロックしか離れておらず、近くにはカーネギーホールや、 Radio Cityミュージックホールもあったそうだ。

 

Steven Gartner さんは当時、ビルの42階におり、ブンブンという音と(衝突したような)バンという音を聞いた後、建物全体が揺れるのを感じたという。

 

その後、人々はパニックにならずに吹き抜けの階段を下り、なんとか全員避難できたそうだ。

 

ビルの現場周辺には消防車両が駆け付け、付近の道路も避難した人などであふれかえる様子が、ネットに投稿されている。

 

 

ニューヨーク州知事の Andrew Cuomo氏は、ニューヨークの市民が「9・11」の記憶を引きずっており、建物にヘリがぶつかったと聞いた時には、 彼自身も市民と同じようなことを思い浮かべたと語っている。(了)

 

 

出典元:ABC News:Helicopter crash on NYC building roof leaves pilot dead amid questions(6/10)

Return Top