Switch news

携帯使用を注意され、安全だと言い張るドライバー、直後に事故を起こす動画がコントみたい

携帯使用を注意され、安全だと言い張るドライバー、直後に事故を起こす動画がコントみたい
flickr / socialmediasl444

スコットランドに住む、あるサイクリストが撮影した動画が注目を集めている。

 

走行中に携帯電話の使用していたドライバーを注意したところ、逆に怒られ、「自分は安全運転だ」と言い返されたのだが、その車が直後に接触事故を起こすという内容だ。

 

動画が公開されるや否や、その顛末がまるでコントのようだとして、ネット上で話題となっている。

 

通勤ラッシュ時に起こった出来事

 

問題の動画は先月、グラスゴー近くの道路で撮影された。朝の通勤ラッシュ時だったという。

 

サイクリストのDave Brennanさんが自転車で走行中、スピードが遅いとあるドライバーから苦情を受けたことが事の発端だった。

 

車の横につけたBrennanさんは、車内のドライバーを見て驚いた。なんと彼は運転しながら携帯電話を操作していたのだ。

 

携帯使用を注意されるも居直るドライバー

 

そこでBrennanさんは、ドライバーに携帯電話の使用を止めるように注意したそうだ。

 

「ドライバーが携帯電話を使用していたのを知り、非常に驚きました。運転中に下を向いていたんですよ。」

 

しかし、ドライバーは注意を無視するどころか逆に怒り、「俺は携帯電話を使用しながらでも、安全に運転できる」とBrennanさんに言い放ったという。

 

この返答に衝撃を受けたBrennanさんは、ドライバーにこう返した。
「あなたのような人たちが私のような者を殺すんだ!」

 

ドライバーの身に起こった悲劇

 

その後、車はスピードを上げて去っっていった。しかしBrennanさん曰く、その道路はいつも渋滞が発生するとのことで、ほどなく先程の車に追いついたそうだ。

 

「時速5kmで走行していたのを咎められたんですけどね、今度はその車が時速5kmだったんですよ。」

 

Brennanさんが笑顔でドライバーに手を振り、追い抜かそうとした瞬間、車はアクセルを踏み急発進。

 

勢いをつけた車だったが、前方には渋滞で連なる車の列が…。

車は急に止まれない。そしてそのまま、前の車両に衝突したのだという。

 

小競り合いの哀しい結末

 

この一部始終が収められた動画があるので、こちらをご覧いただきたい。

 

 

動画を撮影したBrennanさんは、自分の身を守るため、11年前からヘルメットにカメラを搭載して走行しているとのこと。

 

何とも皮肉な結末となったこのドライバー、事故当時は携帯電話を使用していなかったらしいが、もう2度と運転中は使用しないと心に誓ったことだろう。(了)

 

 

出典元:Bicycling:Watch: Driver Tells Cyclist He Can Safely Use Phone, Then Crashes (12/11)

出典元:The Scotsman:Video: Glasgow motorist tells cyclist he can drive safely while on his phone – then crashes (12/7)

Return Top