Switch news

民家で死亡した女性、発見時には首に2m以上のヘビが巻き付いていた

民家で死亡した女性、発見時には首に2m以上のヘビが巻き付いていた

アメリカで、首に大きなパイソン(アミメニシキヘビ)が巻き付いた状態で倒れている女性が発見され、死亡が確認された。

 

建物の中には140匹のヘビ

 

その事件が起きたのは10月30日のこと、場所はインデイアナ州の街、Oxfordにある民家とされている。

 

亡くなった女性は、Laura Hurstさん(36)。警察が現場に到着した時、すでにHurstさんには反応がなく、首には2.4mのパイソンが巻きついていたという。

 

現場は動物を飼育するために特別に作られた建物とされ、そこには140匹のヘビがいたとされている。

 

そのうちの20匹はHurstさんのヘビで、彼女はチェックするために週に2日、そこを訪れていたそうだ。

 

首からヘビを外せたが、蘇生せず

 

この建物の所有者は、隣に住むDon Munsonさん。彼はBenton郡の保安官とされている。

 

Munsonさんによれば、これは「悲劇的な事故」で、捜査については皆と共に全面的に協力しているという。

 

またインディアナ州警察も、Hurstさんを発見した男性が、首からパイソンを取り外すことができたが、救急隊員は彼女を蘇生させることができなかったと述べている。

 

先週の金曜日(11月1日:現地時間)には検死が行われたようだが、まだ詳細については伝えられていない。(了)

 

 

出典元:BBC:Indiana woman found dead with python wrapped around neck(11/1)

出展元:CNN:Woman found dead with a python wrapped around her neck died of asphyxiation(10/31)

Return Top