Switch news

知っておきたい世界のニュース

攻撃が止むまで死んだふり…女性がカンガルーに襲われ顔に25針のケガを負う

攻撃が止むまで死んだふり…女性がカンガルーに襲われ顔に25針のケガを負う
flickr/Alan Levine

オーストラリアで女性がカンガルーに襲われ、大きなケガを負い、手術を受けた。

 

犬のリードを放した時に遭遇

 

その事件が起きたのは、ビクトリア州にある町、Wodongaとされている。

 

ケガを負った女性の名前は「Dina」さんとしか分かっていない。

 

彼女によれば、当時は犬を連れて散歩へ出ており、リードを放した時に、大きなオスのカンガルーと鉢合わせをしたという。

 

カンガルーはDinaさんの後ろ3mから4mほどの所におり、もう一度振り返って背中を向けた時、後ろから攻撃を仕掛けてきたそうだ。

 

攻撃が止むまで死んだふりを続けた

 

Dinaさんはその後、地面に押し倒され、足の裏側をカンガルーにに引っかかれ、肉をえぐられてしまう。当時彼女はカンガルーに対抗することができず、ただ引っ掛かれるのが止むのを待つしかなかったという。

 

さらにカンガルーは彼女の体の上でジャンプをし、強打し続け、もはやDinaさんは死んだふりをするしかなかったそうだ。

 

そしてもし鉢合わせした時、もう一度振り返っていなければ(カンガルーに背を向けていなければ)、内臓をえぐり出されていたかもしれない、と語っている。

 

乾燥した季節に住宅街へ近づく

 

その場所には、飼い主に犬のリードを外さないよう求める警告の看板が立てられていたという。

 

議員のDanny Lowe氏は、犬の飼い主は夏の間十分用心するべきだとした上で、次のように述べている。

 

「(乾燥した季節になると)食べ物や水の不足が、カンガルーを住宅街へ近づけさせるのです。彼らは野生動物です。自分自身を守ります。彼らは縄張り意識が強いのです」

 

Dinaさんはその後、病院へ運ばれ足のケガのために手術を受け、顔のケガでは25針も縫うことになったという。

 

しかし彼女はカンガルーを責めているわけではない。Dinaさんは当時カンガルーがパニックを起こしたのを感じており、自分の犬が攻撃を引き起こしたと考えているそうだ。(了)

 

 

出典元:9NEWS:Woman attacked by kangaroo while walking dog(11/18)

出典元:CNN:A woman walking her dog in Australia was mauled by a large kangaroo(11/19)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top