Switch news

知っておきたい世界のニュース

中国の高層ビルで謎の揺れ、人々が避難、街が一時パニックに【複数動画】

中国の高層ビルで謎の揺れ、人々が避難、街が一時パニックに【複数動画】
Twitter/風再起時

中国にある高層ビルが突然揺れ始め、建物にいた人々が避難し、街が一時パニックに陥った。

 

慌てて逃げる人々の動画

 

そのビルとは、広東省の深圳市にある「SEG Plaza(賽格広場)」だ。

 

5月18日の午後1時50分頃、79階建ての「SEG Plaza」が揺れ始め、ビルにいた人や、街を歩いていた人々が避難したという。(揺れ始めた時間は、12時31分との情報もある)

 

ツイッターに投稿された動画にも、数多くの人々が慌ててビルから離れようとする様子が映っていた。

 

ビルの中では揺れに気づかない人も

 

このビルの中にはオフィスや家電販売店が入っており、比較的下の階でハードドライブを販売していたChen Weiさんによれば、当時は建物が揺れているのを感じなかったが、他の人と共にビルから避難するよう言われたという。

 

また彼の友人の1人は当時、ビルの高い階におり、机の水のボトルが揺れ始めたのに気づいたそうだ。14階にある「Segmaker Space」のマネージャーであるJi Jialinさんは、揺れは大きくはなかったが、皆と一緒に階段を使って避難したと語っている。

 

この影響により、近くのビルからも人々が避難。周辺の道路も一時、封鎖されたという。

 

地震もなく、風も強くない

 

このビルは高さが約300m(最上部までは約355m)、ニューヨークにあるエンパイア・ステート・ビル(381m)とほぼ同じとされている。

 

建設されて20年経っているが、その日は地震が起きたとの報告もなく、風速も27kmしかなく、決してビルを揺らすほどではなかったという。

 

このため現時点では、揺れた原因はまだ不明だが、中国建設科学工業株式会社のチーフエンジニアであるLu Jianxin氏は、メディアの取材に対して、「揺れは共鳴(共振)効果によって引き起こされた可能性がある」と指摘している。

 

実は2011年にも韓国で、ビルが原因不明の揺れを起し、人々が避難する事態が起きている。

 

この時、ビルの12階にあるフィットネスクラブでは20人がエアロビクスをしており、集団による振動が建物全体の共振現象を起こし、上層階で揺れを大きくさせた可能性があるとの見方が示された。(了)

 

 

出典元:SCMP:Shaking of Shenzhen skyscraper sends people fleeing, leading to evacuation and official investigation(5/18)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top