Switch news

知っておきたい世界のニュース

ロマン・アブラモビッチ氏が毒を盛られた?ウクライナとの極秘和平交渉の席で

ロマン・アブラモビッチ氏が毒を盛られた?ウクライナとの極秘和平交渉の席で
Brian Minkoff-London Pixels

オリガルヒの1人、ロマン・アブラモビッチ氏が、何者かに毒を盛られたとの情報が流れている。

 

非公式の和平交渉の席で体調を崩す

 

調査報道機関「ベリングキャット」によれば、2022年3月3日から4日の夜、ウクライナのキエフにおいて、ロシアとの非公式の和平交渉が行われたという。

 

しかし出席した代表団のうち3人が体調を崩し、その後化学兵器による中毒と一致する症状を経験したそうだ。

 

その被害に遭った1人は、「オリガルヒ」のロマン・アブラモビッチ氏だったと言われている。

 

スポンサーリンク

化学兵器による中毒の可能性

 

またある情報筋によれば、和平交渉には、ウクライナの国会議員Rustem Umerov氏も参加していたという。

 

その後アブラモビッチ氏とUmerov氏は、ウクライナからポーランドに向かい、トルコのイスタンブールに飛び、そこで治療を受けたそうだ。

 

「ベリングキャット」は、その症状には目や皮膚の炎症、目に突き刺さるような痛みなどがあったと伝えている。

 

また症状を経験した3人は、その数時間前にチョコレートと水しか摂取しておらず、4人目のメンバーもこれらを摂取したが、症状は出なかったという。

 

専門家は、この症状が未定義の化学兵器による中毒の結果である可能性が最も高い、と結論づけたそうだ。

 

アブラモビッチ氏の病状は改善し、その後キエフに戻り、再度交渉に参加したと言われている。下は29日にトルコで行われた平和交渉前の、アブラモビッチ氏の様子。(了)

 

 

出典元:The Guardian:Roman Abramovich and Ukrainian peace negotiator ‘suffer symptoms consistent with poisoning’(3/28)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top