Switch news

知っておきたい世界のニュース

イランで10階建てのビルが倒壊、6人が死亡、多くの人が取り残される

イランで10階建てのビルが倒壊、6人が死亡、多くの人が取り残される
Twitter_@Iranian_RCS

イラン南西部で、建設中のビルが倒壊し、現在も救助活動が続けられている。

 

10階建て、建設中のビル

 

この事故が起きたのは5月23日、場所はイラン南西部・フゼスタン州の町、アバダンにある10階建てのオフィスビル「メトロポール」だ。

 

目撃者によれば、現地時間午後12時40分頃に、未完成だったビルが突然崩壊し、多くの人が瓦礫の下敷きになったという。

 

その後、アバダンと近隣の都市から17の救助隊が、十数台の救急車とともに現場に急行。救助活動を行い、瓦礫から32人の生存者を引き上げたが、6人の死亡も確認された。

 

スポンサーリンク

1階で買い物をしていた人が巻き込まれる

 

国営通信社「イルナ」によれば、このビルはアバダンで最もにぎやかな通りにあり、上の階で建設作業が続いている間、下の階は数日間開放されていたという。

 

また別の通信社は、瓦礫の下に閉じ込められた人々のほとんどは、建物の完成部分の1階で買い物をしていたと報じている。

 

さらに当初は、少なくとも80人が瓦礫の中に閉じ込められていると考えられたが、数時間後、救助隊は行方不明者を「数十人」に引き下げたそうだ。

 

現在、当局により事故の原因が調査されているが、同時に地元の検察官・Hamid Maranipour氏は、「メトロポール」の所有者と建築請負業者の両方が逮捕されたと述べている。

 

23日の午後には、事故に怒った地元の住民らが通りに出て、地元当局へ抗議。さらに同市のホセイン・ハミドプール市長が、群衆に追いかけられる事態にもなったという。(了)

 

出典元:BBC:Dozens feared trapped after 10-storey building collapses in Iran(5/23)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top