Switch news

知っておきたい世界のニュース

テキサス州の銃乱射事件、殺害された女性教師の夫も心臓発作で死亡

テキサス州の銃乱射事件、殺害された女性教師の夫も心臓発作で死亡
Twitter/john martinez

先日、テキサス州の小学校で銃乱射事件が起きたが、その後もさらなる悲劇が起きたことが伝えられている。

 

犠牲になった女性教師の夫

 

5月24日、テキサス州の町、UvaldeにあるRobb小学校に男が侵入、銃を乱射し、19人の児童と2人の教師が殺害された。

 

2人の教師のうちの1人、イルマ・ガルシアさん(46)の夫であるジョー・ガルシアさんが、事件から2日後の26日に心臓発作に見舞われ、亡くなったという。

 

心臓発作の原因は明らかになっていないが、事件で妻を亡くしたことがきっかけではないか、とみられている。

 

スポンサーリンク

「心を痛めて死んだと思っている」

 

ジョーさんとイルマ・ガルシアさんは高校時代の恋人で、結婚して24年。2人には4人の子供がいるという。

 

ジョーさんの死亡は、彼の家族が作成した募金サイト「GoFundMe」で初めて明らかにされたそうだ。

 

そのページでは、いとこのデブラ・ガルシア・オースティンさんが「ジョーは、心を痛めて死んだと、心から思っていますし、30年以上愛した人を失うことは耐え難いことでした」と綴っている。

 

スポンサーリンク

生徒をかばって犠牲になる

 

犯人に殺害されたイルマさんは、今年で教師生活が23年目となり、その間Robb小学校でずっと教鞭をとってきたという。

 

イルマさんは、犠牲になったエバ・ミレレスさん(44)とクラスで共同指導をしており、事件当時は9歳と10歳の生徒たちをかばって死んだと言われている。

 

一方、今回の事件では、警察が迅速に反応せず、犯行が行われている現場に素早く突入しなかったと非難されているそうだ。(了)

 

出典元:METRO:Husband of teacher shot dead in Texas school massacre dies of heart attack(5/26)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top