Switch news

知っておきたい世界のニュース

地球外からとの説、「謎」という名の巨大なブラックダイヤがオークションに

地球外からとの説、「謎」という名の巨大なブラックダイヤがオークションに
Facebook/Sotheby's

地球外からやって来た可能性もあるブラックダイヤモンドが、近々「サザビーズ」でオークションにかけられる。

 

「謎」という名のブラックダイヤ

 

それは555.55カラットという巨大なブラックダイヤモンド。海外メディアによれば、アメリカの宝石研究機関「ジェモロジカル・インスティテュート・オブ・アメリカ」から世界最大と認められ、2006年にはギネス世界記録としても認定されているそう。

 

ブラックダイヤはダイヤの一種だが、普通のダイヤとは結晶構造が異なる。なぜそうなったかは未だに分かっておらず、生成過程についても、科学者の間で諸説ふんぷんだ。おそらくこうした理由からだろう、今回サザビーズでオークションにかけられる予定のブラックダイヤには、「謎(The Enigma)」という名がつけられている。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sotheby’s(@sothebys)がシェアした投稿

スポンサーリンク

地球外からやって来た可能性

 

ブラックダイヤは、今から26億〜38億ほど前に生成されたものらしい。生成過程については諸説あるとした上で書いたが、サザビーズの宝石専門家であるSophie Stevens氏はその中でも、「宇宙に由来する」という説を支持している。

 

「普通のダイヤは、火山噴火で地表面に押し上げられたキンバリー岩の中に見つかる」が、ブラックダイヤは「土砂などが堆積した地層の中から見つかる」とStevens氏は言う。特に、土中の非常に浅い部分から見つかるのが特徴だそう。

 

そこから考えて、ブラックダイヤは地球内部で生成されたのではない。というのがStevens氏の論だ。ではどのようにしてできたか?

 

地球に巨大隕石が衝突した時に、その衝撃で地表面の炭素がダイヤになったのではないか、とStevens氏はメディアに話している。またもうひとつ、巨大隕石そのものの中にブラックダイヤが入っていた可能性もあるとのこと。

 

今回オークションにかけられる「謎」のダイヤは、1990年代に現在のオーナーが原石を入手し、中東の護符である「ハムサ」を象徴する形にカットを施したもの。オークションは2月初旬にオンラインで開催される。(了)

 

出典元:New York Post:‘Billion-year-old’ black diamond, blasted from outer space, could fetch $6.8M(1/17)

出典元:The National News:Enigma: rare 555-carat black diamond unveiled in Dubai thought to be billions of years old(1/18)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top