Switch news

知っておきたい世界のニュース

なぜできる?海外の女子大生が呼びかける「柔軟チャレンジ」に唖然

なぜできる?海外の女子大生が呼びかける「柔軟チャレンジ」に唖然
Instagram/jax.kranitz

数週間前に体の柔らかい女子大生がSNSで呼びかけた「柔軟チャレンジ(flex chalenge)」。これが、海外で急速拡散中だ。

 

文字通り体の柔軟性を試すチャレンジで、特殊技術は必要ないのだが、凡人がヘタに挑戦すれば体をおかしくしそうなウルトラC。それでも、できる人が続出している。

 

米国女子大生からの挑戦

 

発端はTikTokに投稿された動画だった。投稿主は米国アイオワ大学の学生Jax Kranitzさん。「誰かこれで私とデュエットして。そして、もっと速くできるかどうか試して」というメッセージが付けられている。ちなみにKranitzさんは大学で体操とダンスをやっている。

 

動画は後にインスタグラムにも投稿された。

 

新しい柔軟チャレンジ??? これができそうな友達にタグ付けしてね

 

動画の中で、撮影者がやり方を、というか、柔軟チャレンジのルールを説明している。

 

  1. 床の上に腹ばいになる。
  2. 両手を後ろに回して握る。
  3. そのまま起き上がる。ただし、横に転がったり、仰向けになってはいけない。

普通の人なら、顔を床に押し付けて、イモムシのようにもがいてやっと起き上がるところだろうが、彼女はあまりにも鮮やかにやってのけた。インスタグラムに寄せられたコメントの中には「物理的に不可能だ」「クレイジーだ」といった声もある。

 

挑戦者が続々と

 

これは並大抵のことではない、と思えるが、Kranitzさんからのチャレンジを受けて立つツワモノが、海外で続々と現れた。

 

もちろんだが、全員が成功しているわけではない。

 

オーライ、みんなにちょっとだけ自慢しちゃおう。

 

体操選手Jax Kranitzをやっつけた。

 

両手を背中に回して床に寝て、横に転がらずに立ち上がる。

 

完了した。

 

この4才の子が柔軟チャレンジをキメた。

 

柔軟チャレンジの拡散ぶりに注目した米国のニュース誌「TIME(電子版)」が、チャレンジを呼びかけたKranitzさんとコンタクトを取ろうとしているが、いまだに返事をもらえていないらしい。(了)

 

出典元:TIME:Welcome to the New Viral Flex Challenge That Is Indisputably a Flex If Ever There Was One(1/13)

出典元:Mirror:Gymnast’s viral challenge sounds easy – but no one understands how it’s possible(1/10)

Return Top