Switch news

知っておきたい世界のニュース

スイスの工場で作業員が溶けたアルミの炉に落下、奇跡的に生還

スイスの工場で作業員が溶けたアルミの炉に落下、奇跡的に生還
Twitter/Stadtpolizei SG

スイスの工場で炉の中に作業員が落ちるという、恐ろしい事故が起きた。

 

720℃の溶けたアルミニウムの中へ

 

この事故が起きたのは11月9日、場所はスイス北東部の町、ザンクト・ガレンにある工場とされている。

 

当時、25歳の電気技師が工場で作業をしていたが、その後720℃の溶けたアルミニウムで満たされた炉の中に転落したという。

 

彼は膝まで溶融金属に浸かったが、その後痛みをこらえて何とか自力で炉から抜け出したそうだ。

 

スポンサーリンク

重度の火傷を負う

 

その電気技師は、同僚と一緒にアルミニウムを保持する炉の上で作業を行っていたという。

 

そして炉の円形をした開口部に落下。やがて駆け付けたスイスの救急医師と救急隊員2名が、工場で彼を介抱したそうだ。

 

しかしすでに重度の火傷を負っており、その後ヘリコプターで病院に搬送された。

 

現在、ザンクト・ガレン市の警察は、この事故がどのように起こったかを調査している。(了)

 

出典元:LBC:Electrician pulls himself out of vat of 720C molten aluminium after falling in while working on factory furnace(11/11)

出典元:MailOnline:Worker falls into vat of 720C molten aluminium at Swiss factory but survives after managing to fight the pain and pull himself out(11/11)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top