Switch news

知っておきたい世界のニュース

カジキが角を使って小魚を捕食、珍しい瞬間が海中で撮影される

カジキが角を使って小魚を捕食、珍しい瞬間が海中で撮影される
YouTube/Caters Clips

カジキが海の中で小魚を追い回す、ちょっと珍しい映像が動画サイトで紹介されている。

 

角を素早く動かす

 

この動画を撮影したのは、Alexander Benedikさんだ。彼は2010年にメキシコ東部の沿岸を潜っている時に、この映像を撮ったという。

 

動画にはカジキの仲間である「バショウカジキ」がイワシの群れを追いかけている様子が映っている。

 

しかしイワシも素早く動き、カジキはなかなか捕まえられない。

 

するとカジキは鋭く尖った角を素早く動かし、群れに突進。イワシを群れから引き離し、その後口へと運んでいった。

 

角は群れをかき回すために使う

 

「バショウカジキ」という魚は、長くて大きな背ビレが特徴で、獲物を追って急旋回する時にそれを広げることがあるという。この背ビレが「バショウの葉」に似ていることから、名前が付けられたとか。

 

またトローリングでの釣りでも人気の魚で、角は本来突き刺すものではなく、小魚の群れをかき回す役割があるとも言われている。

 

確かに動画でも、群れからイワシを引き離すために、角を使っているように見える。この動画は1月24日に「Caters Clips」に投稿された。(了)

 

 

出典元:Caters Clips:Rare Footage Of Sailfish Searching For Food(1/24)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top