Switch news

知っておきたい世界のニュース

ビーチに角が突き刺さったサメ、調査で判明したカジキの恐るべき攻撃能力とは?

ビーチに角が突き刺さったサメ、調査で判明したカジキの恐るべき攻撃能力とは?
Ichthyological Research

先日、リビアのビーチで、カジキによって殺されたとみられるサメが打ち上げられ、その後詳細な調査が行われた。

 

恐るべき攻撃能力

 

このサメは「オナガザメ」と呼ばれる種類のメスで、リビアの街、Bregaの近くにあるビーチに打ち上げられていたという。

 

地元の住民が発見した時には、サメは既に死んでいたが、背中には約30cmもあるカジキの角が突き刺さっていたそうだ。

 

その後、市民科学者のグループ「Marine biology in Libya」のメンバーが到着。死んだサメの調査が行われ、カジキの恐るべき攻撃能力が明らかとなった。

 

Ichthyological Research

角が神経器官や動脈にまで達していた

 

死んだサメの大きさは約4.26m。これを襲ったカジキは、「メカジキ」と考えられている。

 

また「メカジキ」の角は、前後軸に対して約70度の角度でサメの背中に突き刺さっており、傷口はエラの器官に向かって真っすぐ伸びていたという。このことからカジキが、サメの後ろから角を突き刺したと考えられている。

 

この一突きによりサメの脊柱付近にあるエラの器官が損傷し、神経組織や動脈もダメージを受けて死んだとみられている。

 

Ichthyological Research

 

また発見された当時、サメの体からは血が流れていたが、3日後に行われた2度目の調査の際には血が薄れていたそうだ。

 

このことから、少なくともビーチに打ち上げられる3日以内に、サメはカジキに刺されたと考えられるとか。

 

カジキは以前から、サメやクジラ、そして人間や船さえ襲うことが知られており、1960年代にも同様の襲撃が記録されているという。

 

しかし今回、死んだサメの調査が行われ、あらためてカジキの攻撃力の恐ろしさが確認されたそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Dead shark washes up on Libyan shore with an 11 inch ‘blade’ stuck in its back that belonged to a six-foot-long swordfish(11/2)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top