Switch news

知っておきたい世界のニュース

マレーシアでサルが犬の赤ちゃんを誘拐、住民らが救出を試みる

マレーシアでサルが犬の赤ちゃんを誘拐、住民らが救出を試みる
Viral Press

マレーシアで、人間に飼われていた子犬が、サルに誘拐される事態となった。

 

生後2週間の子犬

 

その出来事が起きたのは先週の木曜日(9月16日)、場所はマレーシアの街、Taman Lestari Putraとされている。

 

子犬の名前は「Saru」。まだ生後2週間ほどしかたっておらず、人に飼われていたが、その日突然野生のサルに誘拐されてしまったという。

 

付近の住人らもそのことに気づき、子犬を助けようとしたが、サルは抱きかかえたまま電柱や森の木に登って、逃げ続けたそうだ。

 

Viral Press
Viral Press

サルは子犬を傷つけてはいない

 

この救出活動に加わった女性、Cherry Lew Yee Leeさんによれば、サルは友達として、または赤ん坊として子犬を扱っているように見え、傷つけてはいなかったという。

 

しかし子犬は疲れ果て、お腹も空かせているように見えたため、Leeさんと近所の住民は、3回もサルから子犬を助けようと試みたそうだ。

 

それでもサルは子犬を抱いたまま逃げ続けたため、Leeさんたちは爆竹のような大きな音を鳴らして、サルを怯えさせた。

 

するとサルは抱いていた子犬を竹藪の下に落として、逃走。Leeさんらは藪の中に入って、素早く子犬を救出したという。

 

Viral Press

 

その後、飼い主は子犬を家に連れ帰り、食事を与えて体を調べたが、ケガなどはしていなかったようだ。そして今では養子に出され、元気に暮らしているという。(了)

 

出典元:METRO:Puppy taken hostage by a wild monkey for three days(9/21)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top