Switch news

知っておきたい世界のニュース

最年少記録か?生後8週間で助けを借りずに立つ赤ちゃんがすごい

最年少記録か?生後8週間で助けを借りずに立つ赤ちゃんがすごい
YouTube/SWNS

イギリスで生まれて間もない赤ちゃんが、自らの力で立ち上がったとして注目を集めている。

 

他の赤ちゃんより体重は少なかった

 

その赤ちゃんとは、イングランドのブリストル、Kingswoodに住む女の子の「Lula」ちゃんだ。

 

彼女は今年の1月31日に誕生し、当時の体重は2.5kg。他の赤ちゃんの平均より体重がわずかに少なかったという。

 

しかし生まれてからわずか8週間(約2カ月)で、誰の助けも借りず、自ら立ち上がることができたとして、周囲を驚かしたそうだ。

 

父親の膝の上で立ち上がった

 

父親のTezra Finn-Johnstonさん(31)とパートナーのEmily Derrickさん(23)によれば、2人は「Lula」ちゃんが病院を退院した時から、娘の力強さに気が付いていたという。

 

実際、すでに早い段階から首も据わっていたそうだ。そして生後1カ月頃に、Tezraさんが泣き止まない「Lula」ちゃんを膝の上に乗せてあやした時、なんと膝を曲げずに立ったという。

 

その後も数週間で何度も膝の上で立ったため、生後8週間後に床の上に立たせてみたところ、自分の力だけで立つことができたとか。

 

現在、15週目の「Lula」ちゃんは、これまでで最も早く立つことができた赤ちゃんと考えられているようだが、ギネス世界記録では「最も早く歩けた赤ちゃん」しか登録されていないという。

 

ちなみにその記録を持っているのはReuben Robinson君で、彼は生後6カ月で歩くことができたと言われている。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Is this the world’s STRONGEST baby? Proud dad reveals his daughter learned to stand at eight weeks – and is now on her feet unassisted at less than four months(5/18)

Return Top