Switch news

World News Odyssey

Pickup

ギリシャで突然、大量のクモの巣が出現、気温の上昇が原因か?

ギリシャで突然、大量のクモの巣が出現、気温の上昇が原因か?
Facebook/Giannis Giannakopoulos

ギリシャで、植物の周りが大量のクモの巣に覆われるという、珍しい現象が起きた。

 

クモの巣が300mも続いていた

 

クモの巣が大量発生したのは、ギリシャ西部にあるAitolikoという街。

 

この街の植物が生えたエリア一面がクモの巣で覆われ、それが300mほども続いていたそうだ。

 

専門家によれば、このような現象は季節的なものだが、暖かい気温により蚊が増えたことも、クモが増えた原因と考えられるという。

 

Facebook/Giannis Giannakopoulos
Facebook/Giannis Giannakopoulos
Facebook/Giannis Giannakopoulos

高い気温と湿度、食料が原因

 

このような巣を作ったのはアシナガグモと呼ばれる種類で、彼らは交尾を行うために巨大な巣を作るとか。

 

Facebook/Giannis Giannakopoulos
Facebook/Giannis Giannakopoulos
Facebook/Giannis Giannakopoulos

 

Democritus大学の分子生物学・遺伝学の教授、Maria Chatzaki氏は次のように語っている。

 

「高い気温と十分な湿度と食糧、これが数多くのクモが出産するのに理想的な条件を作り出したのです」

 

「それは、まるでクモがこのような条件を利用しているようなもので、ある種のパーティを開いているようなものなのです。彼らは交尾を行い、子を産み、全て新しい世代に受け継がれていくのです」

 

「これらのクモは人間にとって危険ではありません。またこのエリアの植物にも大きなダメージを与えないでしょう。そして彼らはパーティを開いたら、すぐに死んでしまうでしょう」

 

これだけ大きなクモの巣ができるとは少し不気味だが、わずかな気温の変化でここまで大量に発生するとは興味深い。(了)

 

 

出典元:BBC:Giant spiderweb cloaks land in Aitoliko, Greece(9/19)

出典元:NYPost:Spiders are ‘having a party’ in this terrifying 1,000-foot web(9/20)

Return Top