Switch news

知っておきたい世界のニュース

アメリカの高校陸上大会で、レース中に選手が殴られる事件が発生

アメリカの高校陸上大会で、レース中に選手が殴られる事件が発生
Twitter/Baseball Fight Club

アメリカで行われた高校の陸上大会で、選手が殴られるという信じがたい事件が起きた。

 

背後から頭を殴られる

 

その出来事が起きたのは3月26日、場所はフロリダ州の街、Kissimmeeにある競技場だという。

 

そこでは「トホペカリガ・タイガー・インビテーショナル」と呼ばれる高校の陸上競技大会が行われていたそうだ。

 

そして1600メートル走で先頭を走っていた男子ランナーが突然、背後から別の男子選手に殴られ、転倒した。その瞬間がこちら。

 

スポンサーリンク

前のレースで口論か

 

後頭部を殴られたランナーは脳震盪を起こし、その場に倒れ、やがて他の選手に追い越されていった。

 

加害者の選手が、何故このような暴力をふるったのか、理由もまだよくわかっていない。

 

ただ被害者のランナーは前の一周で、加害者の選手に「邪魔だ。どけ」と言ったらしく、それを拒否した加害者の選手を突き飛ばしたと言われている。

 

また被害者のランナーはこの事件の刑事告訴を取り下げたと報じられたが、家族はそれを否定しているという。(了)

 

出典元:TMZ:SUCKER-PUNCHED RUNNER WANTS TO PRESS CHARGES(4/2)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top