Switch news

知っておきたい世界のニュース

スマホのフロントカメラによる自撮りは、事実、鼻が大きく写る:大学調査

スマホのフロントカメラによる自撮りは、事実、鼻が大きく写る:大学調査
Plastic and Reconstructive Surgery

スマートフォンの自撮りは顔がヘンに写る、とよく言われているが、これは本当だ。米テキサス大学サウスウエスタン・メディカル・センターの研究者が調べたところ、特に鼻が大きく写ってしまうことが分かった。

 

鼻が長く、太くなる

 

研究者たちは、ボランティア30人の顔を、スマートフォンのフロントカメラと普通のカメラの両方で撮影し、比較した。下の写真がその2例。左と中央は、スマートフォンでそれぞれ12インチ(約30cm)と18インチ(約46cm)の距離から撮ったもの。つまり、自撮りと同様の条件で撮影したものだ。右は、普通のカメラで5フィート(約1m52cm)離れて撮ったもの。

 

Plastic and Reconstructive Surgery
Plastic and Reconstructive Surgery

 

普通のカメラで撮った写真を基準にして、顔の印象を左右する主要部分(鼻、唇、顎、顔の横幅)の大きさを比較したところ、鼻の長さが、12インチ(約30cm)離れた自撮りで6.4%長く、18インチ(約46cm)離れた自撮りでは4.3%長く写ることが分かった。

 

さらに、例えば12インチ(約30cm)離れた自撮りでは、顎が12%短く写るようになり、その結果、(顎と比較した)相対的な鼻の長さの割合は17%増えて見えると分かった。つまり、ますます鼻が長い印象になるわけだ。

 

また、顔の横幅に対する鼻の付け根の幅の割合も増えるため、鼻の太さが増して見えるとのこと。

 

こういった顔の歪みは、スマホカメラに使われているレンズの特性(焦点距離)と、被写体までの距離によるもので、撮影距離が近いほど歪みは激しくなる。

 

スポンサーリンク

自撮り画像に失望し、うつになる可能性

 

今回の調査を主導したBardia Amirlak教授は、自撮りによる顔の歪みが人々のメンタルヘルスに影響するのではないかと心配する。自撮り画像にがっかりした本人が、自分に自信を持てなくなると言うのだ。

 

「自撮りは、自分の顔をどう認識するかについて、マイナスの影響を与える可能性があります。今回の調査でそれが示唆されました。自撮り画像による間違った(現実とは違う)自己認識は、鼻の整形手術希望者を増やしたり、セルフイメージの形成に悪影響を与えるなどし、最終的には、うつや不安障害につながるのかもしれません。このことを、多くの人に気づいてもらいたいと思います」Amirlak教授は海外メディアにこう話している。(了)

 

出典元:EurekAlert!:For those thinking about plastic surgery, selfies give a distorted view(3/30)
出典元:Plastic and Reconstructive Surgery:Size and Perception of Facial Features with Selfie Photographs, and Their Implication in Rhinoplasty and Facial Plastic Surgery

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top