Switch news

World News Odyssey

Pickup

蜜蜂のプロも驚いた!民家の壁の中から出てきた超巨大な巣に8万人がリアクション

蜜蜂のプロも驚いた!民家の壁の中から出てきた超巨大な巣に8万人がリアクション
Facebook/The Bartlett Bee Whisperer

花粉を運び、ヒトに蜂蜜をもたらしてくれるミツバチは、地球にとっても人類にとっても、なくてはならない存在だ。

 

いくらありがたい存在でも、家の中に巣を作られてしまったら災難以外の何物でもない。

 

The Bartlett Bee Whispererは、“邪魔者”になってしまったミツバチたちを保護して、別の場所へと移動させるミツバチのプロだ。

 

そんなプロが驚くようなミツバチの巣を発見して話題になっている。

 

駆除業者の手には負えなかったミツバチの巣

 

米テネシー州にある一軒家から依頼を受けたThe Bartlett Bee Whisperer。実はこの家では以前、駆除業者に依頼をしたものの、その業者は任務を遂行することはできなかったそうだ。

 

一見するとなんて事のない壁。しかし、小さな穴からミツバチが出入りしており、壁の中に巣があるのは間違いない。サーモセンサーで巣の位置を確認。離れた場所にある小さな赤い点が出入り口だという。

 

 

The Bartlett Bee Whispererによる、一連の作業風景がこちらだ。

 

 

壁の内部に煙を入れて壁を壊していくと…。超巨大な巣が出現した!

 

 

巣の左側には蜂の死体がたくさんあったという。どうやら駆除業者が手を付けられたのは、巣の半分だけだったようだ。

 

蜂の巣を丁寧に除去していく。肩に乗っているのはミツバチの塊だ。

 

ヒトとの共存は可能?

 

今回の巣は、ミツバチの出入り口がヒトの高さと同じだったため、近くを通るヒトが刺される危険があり、除去された。

 

Facebook/The Bartlett Bee Whisperer

 

「もっと高い位置にあったら、ヒトと共存できたかもしれない」と、The Bartlett Bee Whispererはコメントしている。

 

8万5000人がリアクション

 

一連の写真が9月29日に投稿されると、1週間ほどで8万人以上がリアクションし、2万件以上のコメントが寄せられた。

 

Every once in a while I get a call that makes me cringe. Sometimes the bees are way up high, and sometimes it's bricks….

The Bartlett Bee Whispererさんの投稿 2018年9月28日金曜日

 

コメント欄には駆除ではなく、保護をして移動させる活動をしているThe Bartlett Bee Whispererへの称賛の声が多い。また、あまりの巣の大きさに「すばらしい」という声もあれば、「私なら家を出ていく」「悪夢だ」といった声もあった。(了)

Return Top