Switch news

インドネシアの森林火災で保護されたオランウータン、顔に銃弾が突き刺さっていた

インドネシアの森林火災で保護されたオランウータン、顔に銃弾が突き刺さっていた
Facebook/International Animal Rescue

森林火災が続くインドネシアの森で、ケガを負った2頭のオランウータンが保護された。

 

焼け残った森の木にいるのを保護

 

保護されたのはオスとメスの2頭のオランウータンで、彼らはボルネオ島西部で発生した森林火災で行き場を失っていたという。

 

2頭は20歳ほどとみられ、9月16日に火災によって焼けた森の中で、わずかに残された木に捕まっているところを発見されたそうだ。

 

International Animal Rescue (IAR)」のメンバーはその後、2頭に麻酔を打つことに成功。その後、オランウータンらを慈善団体が運営する治療センターへ送った。

 

FOREST FIRE EMERGENCY RESCUESOur heroic team in Indonesia has carried out the emergency rescue of two orangutans. The…

International Animal Rescueさんの投稿 2019年9月19日木曜日

FOREST FIRE EMERGENCY RESCUESOur heroic team in Indonesia has carried out the emergency rescue of two orangutans. The…

International Animal Rescueさんの投稿 2019年9月19日木曜日

FOREST FIRE EMERGENCY RESCUESOur heroic team in Indonesia has carried out the emergency rescue of two orangutans. The…

International Animal Rescueさんの投稿 2019年9月19日木曜日

FOREST FIRE EMERGENCY RESCUESOur heroic team in Indonesia has carried out the emergency rescue of two orangutans. The…

International Animal Rescueさんの投稿 2019年9月19日木曜日

オランウータンの顔に銃弾が突き刺さる

 

「IAR」によれば、2頭は激しい脱水症状を起こしており、そのうちの1頭の顔には銃弾が突き刺さっていたという。

 

メンバーはその後、ケガを負ったオランウータンの治療を行い、それぞれを「Bara」「Arang」と命名。さらに回復した後には、2頭を森へ返す予定だとしている。

 

IAR

 

現在、インドネシアでは森林火災によるスモッグ(ヘイズ・煙害)で多くの人々が健康を害する危険に晒されており、不要不急の外出を避けるよう呼び掛けられているそうだ。その上で「IAR」のKarmele Llano Sanchez氏は次のように語っている。

 

「(森林火災は)病気を引き起こすことによって人間だけを脅かしているのではなく、(略)オランウータンや彼らの家である森にも脅威となっています。もし私たちがこの問題に打ち勝つ努力をしなければ、オランウータンの個体群は、ますます脅威にさらされて行くでしょう」(了)

 

 

出典元:Mirror:Orangutan rescued in forest fire found with bullet lodged in face(9/20)

出典元:International Animal Rescue:Two orangutans rescued from forest and land fires in West Borneo(9/18)

Return Top