Switch news

知っておきたい世界のニュース

羽に「88」の模様が描かれた蝶、南米のコロンビアで撮影

羽に「88」の模様が描かれた蝶、南米のコロンビアで撮影
Instagram/thomas_marent

野生動物の写真家が、数字のような模様の入った蝶を撮影し、注目を集めている。

 

南米コロンビアで撮影

 

その写真家とは、Thomas Marentさん。

 

彼は以前、南米のコロンビアのアンティオキア県にある「Rio Claro自然保護区」で、ユニークな蝶に遭遇。その姿を動画で撮影した。

 

その蝶は、羽に数字の「88」のような模様が描かれていたという。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thomas Marent wildlife(@thomas_marent)がシェアした投稿

中米の森では一般的な蝶

 

この蝶は「Diaethria anna」として知られる種類で、中米の熱帯雨林では、よく見つけることができるという。

 

またこの種は、どの個体も「88」という模様があるため、「アンナの88」とも呼ばれているそうだ。

 

Marentさんは写真を自らのインスタグラムに投稿。「88という数字は、幸運や繁栄のシンボルになっている」とコメントしている。

 

また蝶を見た人からも「これは驚きだ」や「これは奇跡ね」「素晴らしい動画だよ」といったコメントが寄せられている。(了)

 

出典元:Caters Clips:Butterfly Has Unusual Number Markings On Wings(4/28)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top