Switch news

知っておきたい世界のニュース

【癒し】世界一のご長寿!独クレーフェルト動物園のナマケモノ「Jan」の平和な人生

【癒し】世界一のご長寿!独クレーフェルト動物園のナマケモノ「Jan」の平和な人生
クレーフェルト動物園

4月30日、ドイツのクレーフェルト動物園で暮らしているナマケモノのヤン(Jan)が51回目の誕生日を迎えた。2020年の12月から「ヒトと共に暮らしている最も長寿なナマケモノ」としてギネスに登録されているご長寿さんだ。

 

ヒトと共に生きるヤンの人生

 

フタユビナマケモノのヤンがヒトと共に暮らし始めたのは、1970年12月のこと。野生からドイツのハンブルクにあるハーゲンベック動物園にやってきた当時、ヤンは生後6~12ヶ月ほどだったという。

 

1986年4月にクレーフェルト動物園の住民となったヤンは、しばらくの間ゾウガメと共に暮らしていたそうだ。1998年に熱帯雨林に近い環境を再現した建物が完成し、最初の住民として移住した。現在では、シロガオサキやコアリクイ、イグアナや様々な鳥類などとともに、建物内を自由に動き回りながら生活している。

 

ゆっくりと食事をとり、動き回るヤンの姿はこちらから見ることができる。

 

クレーフェルト動物園の公式Facebook(4/18)

 

控えめながらも子だくさん

 

ヤンは恥ずかしがり屋で、撮影できるのは食事の時ぐらいだという。日中はバニラの葉の上で横たわり、夕方に動き出して食事に向かうそうだ。

 

 

そんな彼だが、複数の女性との間に19回も子供を作っている。これはクレーフェルト動物園に移ってきてからの記録なので、もしかしたらもっと多いかもしれない。そのうちの1回は、世界最高齢のナマケモノに認定されてからだというから驚きだ。(了)

 

参考:クレーフェルト動物園の公式Facebook

参考:クレーフェルト動物園「RAINFOREST HOUSE

参考:ギネスワールドレコーズ「Oldest living sloth in captivity

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top