Switch news

現れたのは“スパイ疑惑”のシロイルカ?海に落ちた携帯をくわえて持ち主へ届ける

現れたのは“スパイ疑惑”のシロイルカ?海に落ちた携帯をくわえて持ち主へ届ける
Instagram / isa.opdahl

海の中へと物を落としてしまったら、その回収はもはや絶望的と思われがちだ。

 

ところが女性が誤って海へ落としてしまった携帯電話が、思わぬ形で戻ってくることとなり話題となっている。

 

上着のポケットを閉め忘れ携帯が海の中に…

 

海の中へと誤って携帯電話を落としてしまったのは、Ina Mansikaさん。

 

Mansikaさんは友人らと共に、シロイルカを見るためノルウェー北部に位置する町、ハンメルフェストの海岸を訪れていたという。

 

しかしそんなMansikaさんは、不運に見舞われることとなる。

 

あわよくばシロイルカに触ろうと波止場に寝そべっていたというMansikaさんは、上着のポケットを閉めるのを忘れており、誤って携帯電話を海の中へと落としてしまったのだ。

 

※画像はイメージです(Pixabay)

思わぬ形で帰ってきた携帯にびっくり!

 

ところがこの後、Mansikaさんの携帯は思ってもみなかった形で、帰ってくることとなる。

 

なんと一匹のシロイルカがMansikaさんが落としてしまった携帯を口に加え、彼女の前へと現れたのだ。

 

Instagram / isa.opdahl
Instagram / isa.opdahl

 

Instagram / isa.opdahl

 

この事態にMansikaさんら一行は仰天。

 

Mansikaさんは「皆がとても驚いていました。目にしたことがほとんど信じられませんでした」とコメントしている。

 

残念ながら、戻ってきた携帯は海水に濡れたが故に、壊れてしまったとのこと。

 

それでも携帯電話が戻ってきたことに対してMansikaさんは“とても嬉しく感謝している”とし、「そのシロイルカはとても親切でした」とコメント。

 

さらに「動物大好き!」と付け加えている。

 

 

View this post on Instagram

 

ISA OPDAHL LARSSON | 21さん(@isa.opdahl)がシェアした投稿

“スパイ疑惑”のシロイルカか?

 

ところでシロイルカといえば、先月ロシア軍の“スパイ”として訓練を受けたと疑われるベルーガが、Mansikaさんの訪れていた町ハンメルフェストで発見されたことは、当サイトにおいてもお伝えさせていただいた。

 

 

この“スパイ疑惑”のかけられたシロイルカは、カメラを装着することの出来るハーネスを取り外された後も、ハンメルフェストの海辺に出没しているとのこと。

 

近隣住民の前へと姿を現しては人間に触らせたり餌をもらったり、さらには一緒に写真を撮らせたりしているようで、通常のシロイルカが人に対して積極的に近づくことはないことを鑑みても、今回Mansikaさんの下へと携帯電話を運んできたのも、“スパイ疑惑”のかけられたシロイルカであるとみられている。

 

ただこのシロイルカはあまりに人間に慣れ過ぎており、自然界において自ら生きていくことが出来ない可能性があると考えられている。

 

そのためノルウェー当局は、このシロイルカをアイスランドの海洋動物保護区域へと移動させることも検討しているという。

 

 

海に落とした携帯電話を思わぬ形で受け取ることとなったMansikaさん。シロイルカの“スパイ疑惑”も晴れてはいないが、ロシアがスパイとして利用する可能性が考えられるほど、シロイルカが賢いということを改めて思い知らされた。(了)

 

出典:The dodo:Nice Whale Returns Phone Woman Accidentally Dropped Into Sea (5/6)

出典:Business Insider:A beluga whale that was originally thought to be a Russian spy was caught on camera returning a woman’s phone after she dropped it in the water(5/8)

Return Top