Switch news




自由にトランポリンで飛び跳ねる66歳のおじいちゃんがスゴイ!

自由にトランポリンで飛び跳ねる66歳のおじいちゃんがスゴイ!
Facebook/Bourse of destiny - This Is Us

66才の誕生日を迎えた米国の高齢男性が、スポーツセンターのトランポリンで宙返りの連続技を繰り出して見せ、周囲にいた人たちを驚かせた。

 

実はこの男性、テレビ番組に出演したこともある元高飛び込みの選手で、オプティマルヘルスの実践者でもある。

 

66才で見事な連続宙返り

 

海外ニュースメディアが紹介している動画に映っているのは、Michael Brookさんという66才の男性。

 

前方宙返り、後方宙返り、捻りを入れた回転技などを次々と繰り出すBrookさんを、後ろの2人が唖然として見ている。隣のトランポリンにいる男性や、遠くの一段高い場所にいる若者も、Brookさんのパフォーマンスが気になって仕方がないという様子だ。

 

場所は米国ユタ州プロボ市にある「Lowes Xtreme Sports Trampoline Park(ロウズ・エクストリームスポーツ・トランポリンパーク)」。Brookさんがここを訪れたのは、66才の誕生日を祝うためだったらしい。

 

元高飛び込みの曲芸団員

 

Brookさんは、若い頃は(水泳の)高飛び込みをやっていて、Great American High Dive Teamという曲芸チームのメンバーだった。

 

プールの上の飛び板からアクロバチックな飛び込みを披露していたBrookさんにとって、トランポリンの技は難しいものではない。

 

だが、若い頃に身につけた技を高齢になってまで維持し続けるのは、容易ではないはずだ。

 

2017年、すでに60を過ぎていた彼は、米国で有名なオーディション番組「America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)」に出場し、トランポリンの素晴らしい演技を見せている。

 

また、1年前に撮影されたトランポリンのパフォーマンスも、Facebookに投稿されている。

 

オプティマルヘルスを実践

 

これだけの運動能力を維持できる秘訣は何か、と海外メディアに尋ねられた彼は、「オプティマルヘルスだ」と答えている。

 

オプティマルヘルス(optimal health)とは、年齢ごとの最高の心身状態を目指す健康観で、米国ではウェルネスに続く新しい概念と言われている。

 

Brookさんはホリスティック医学のドクターから教わったオプティマルヘルスの基本を、何年も前から実践しているそう。メディアの取材を受けてこう話している。

 

数年前に診てもらっていたホリスティック医学のドクターから、オプティマルヘルスを実現するために必要な基本を教えてもらったのです。

その基本に従って生活すれば、命に関わるような病気になる率を劇的に減らせるし、歳をとっても身体にガタが来るようなことはないと、ドクターは言いました。

私はその教えを心に刻んだのです。その成果が今現れているわけです。

(了)

 

出典元:Mail Online:Spring in his step: Pensioner stuns onlookers at a trampoline park as he celebrates his 66th birthday with a display of somersaults and backflips(5/10)

Return Top