Switch news

これは一体…?カナダで川を泳ぐ謎の生物の写真が撮影され話題に

これは一体…?カナダで川を泳ぐ謎の生物の写真が撮影され話題に
Twitter / MN Scottish Harp

カナダで川を泳ぐ、まるで“ネッシー”のような謎の生物の写真が撮影され、話題となっている。

 

川から突き出た長い首

 

川を泳ぐ謎の生物の写真が撮影されたのは、カナダ・アルバート州に位置する国立公園「バンフ国立公園」内のボウ川。

 

ボウ川(The Canadian Encyclopedia © 2019 / © Ketian Chen/Dreamstime)

 

写真を撮影した大学生のMatthew D’Amicoさん(17)は、その日姉妹の16歳の誕生日を祝う休暇を過ごすため、家族と共に同公園を訪れていたという。

 

ところが1時間ものハイキングの後、ボウ川を見渡せる丘で休憩を取っていたというD’Amicoさんは、思いがけぬ光景を目の当たりにする。

 

なんと川の中から、あの有名な“ネッシー”のような長い首が突き出ていたのだ。

 

 

「目にした水の中にいたものに驚いて、全身の毛が逆立つのを感じました」というD’Amicoさん。

 

すかさずカメラで謎の生物を撮影したという。

 

そして姉妹と共に撮影した写真を確認し、謎の生物が“ネッシー”であることを確信したとのことだ。

 

Twitter / MN Scottish Harp

“ネッシー”の最もはっきりとした写真?

 

“ネッシー”といえば、英国スコットランドのネス湖に住むとされる、世界で最も知られた未確認生物だ。

 

そんな“ネッシー”の存在を疑う報告が初めてされたのは、6世紀にまで遡る。

 

以来“ネッシー”の目撃情報は幾度にもわたり伝えられてきたが、その中でも最も有名なものが1934年のもの。この際には“ネッシー”の姿を捉えたとされる「外科医の写真」が公開され、大きな話題を呼んだ。

 

かの有名な「外科医の写真」(Wikipedia Common)

 

一方D’Amicoさんは今回自身が撮影したものが、“ネッシーの最もはっきりした写真”であると自負。

 

共に公園を訪れていた家族はその姿を直接見ることが出来なかったものの、「家族に写真を見せたら、皆驚いて同じことを考えました。それは明らかに“ネッシー”に見えます」としている。

 

“ネッシー”といえば、米国アラスカの湖においてもこれに類似した生物がいると考えられていることは、先日当サイトにおいてもお伝えさせていただいたばかり。

 

今回の写真の真偽はさておき、水中に暮らす未確認生物というのは案外様々な場所にいるのかもしれない。(了)

 

正体はいかに?アラスカ版“ネッシー”、DNA検査を用いた最新の探査がスタート

 

出典:Evening TimesLoch Ness Monster: Teen claims to have captured clearest proof yet that creature exists(5/17)

Return Top