Switch news

知っておきたい世界のニュース

グレタさんがスピーチで各国首脳を痛烈批判、「空疎な言葉と約束」とバッサリ

グレタさんがスピーチで各国首脳を痛烈批判、「空疎な言葉と約束」とバッサリ
Twitter/Greta Thunberg

スウェーデンの環境保護活動家であるグレタ・トゥーンベリさんが先日、スピーチを行い、気候変動問題に関する各国首脳の言葉を痛烈に批判した。

 

各国リーダーの発言は「空疎な言葉」

 

グレタさんは9月28日、イタリアのミラノで開かれた「Youth4Climate」の会議に出席。そこでスピーチを行った。

 

スピーチにおいてグレタさんは、イギリスのボリス・ジョンソン首相が以前発言した「お金のかかるバニーハギング(環境保護活動家らを貶める蔑称)」や「より良い状態に戻す」といった言葉を揶揄。

 

さらに各国のリーダーたちの発言を「空疎な言葉と約束」と断じ、次のようにスピーチしたという。

 

「グリーン・エコノミーだとか何とか、2050年までにネット・ゼロだとかなんとか、気候ニュートラルうんたらかんたら。これが、リーダーと呼ばれる人たちから私たちが聞いてきたことです。言葉は素晴らしく聞こえます。しかし今のところ行動につながっていません。私達の希望や夢は、こうした空疎な言葉や約束に埋もれています」

 

しかしグレタさんは会議に参加した若い活動家らに対し「決して希望を諦めてはいけません」「変化は可能であるだけでなく、すぐに必要なのです」と勇気づけたという。

 

各国も野心的な目標を掲げるも…

 

BBCによれば最近、多くの国が、気候変動問題に対処するため、二酸化炭素などの排出量削減に関して、野心的な目標を掲げているという。

 

例えば中国は、今後海外で石炭火力発電所を作らないと発表したり、アメリカやEUや他の国も、2030年までにメタンの放出を30%カットすると約束したりしたそうだ。

 

ただ、まだまだ課題は多く残っている。例えばイギリスは1990年を基準として、2035年までに排出量を78%削減することを約束しているが、政府の現在の計画では、目標達成に必要な削減量の4分の1にも満たないと予測されている。(了)

 

 

出典元:BBC:Greta Thunberg mocks world leaders’ words at Youth4Climate(9/28)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top