Switch news

知っておきたい世界のニュース

今年のハロウィーンの夜は、珍しい「ブルームーン」が夜空に浮かぶ

今年のハロウィーンの夜は、珍しい「ブルームーン」が夜空に浮かぶ
flickr_Tim Geers

今年のハロウィーンは10月31日だが、その日の夜には珍しい満月が浮かぶと言われている。

 

10月31日は「ブルームーン」

 

アメリカの朝の情報番組「GMA」によれば、今年の10月31日は、「ブルームーン」と呼ばれる満月になるという。

 

この「ブルームーン」は、1カ月の間に2回目となる満月のことを指す。

 

つまり10月は1日と31日が満月になるため、2回目がちょうどハロウィーンの夜にあたるそうだ。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

NASA(@nasa)がシェアした投稿

flickr_different2une

19年で7回しか出現しない

 

もっとも「ブルームーン」といっても、月が青っぽく染まるわけではない。

 

しかしNASAによれば、この「ブルームーン」は非常に珍しく、19年ごとに7回しか起きないという。

 

実際、直近の「ブルームーン」は、2018年の3月31日になるそうだ。

 

日本では「ブルームーン」という呼び名は一般的ではないが、珍しいものだと思って眺めると、またひと味違ったように月が見えるかもしれない。(了)

 

 

出典元:GMA:Rare blue moon to light up the sky on Halloween(9/16)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top