Switch news

知っておきたい世界のニュース

ケニアでゾウのベビーブームが到来、記録的な数の子供が誕生

ケニアでゾウのベビーブームが到来、記録的な数の子供が誕生
flickr_Mara 1

アフリカのケニアにある国立公園では、近年珍しくゾウのベビーブームが起きており、多くの子供が誕生しているという。

 

200頭以上の赤ん坊が誕生

 

その国立公園とは、アフリカ最高峰の山「キリマンジャロ」の近くにある「Amboseli国立公園」だ。

 

ここはケニアとタンザニアの国境沿いにあり、392平方キロメートルの敷地内に約1500頭のゾウが暮らしているという。

 

そして今年は、すでに200頭以上のゾウの赤ちゃんが生まれており、この数字自体が記録的だが、今後もさらに赤ん坊が生まれてくる望みがあるそうだ。

 

ゾウの保護団体「Amboseli Trust for Elephants」の創設者であるCynthia Moss氏も、「12月は大抵、出産率が高い月になるため、私たちはさらに期待しています」と述べている。

 

天候や個体数の増加が原因

 

しかしいつもの年と何が違うのだろうか?1つは天候だ。この地域では激しい干ばつが続き、その後雨季となるが、大雨の後にゾウの繁殖力が高まるという。そして今年は多くの雨に恵まれたと言われている。

 

またケニアでは保護活動により、過去30年に渡ってゾウの数が2倍に増えていることも、原因と考えられるそうだ。

 

ただし、ゾウにとっても流行病が新たな危険になりつつあるとか。さらに象牙の貿易は一時的に停止されているが、依然違法な密猟も懸念材料となっている。

 

しかも今後、干ばつが続き、雨が降らなければゾウの子供が多く死に、生まれた赤ん坊の半分が死ぬ可能性があるという。(了)

 

 

出典元:euronews:THERE IS AN ELEPHANT ‘BABY BOOM’ GOING ON IN KENYA(11/1)

参考:npr:Some Good News: An ‘Elephant Baby Boom’ In One Kenyan National Park(8/14)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top