Switch news

知っておきたい世界のニュース

手のひらより大きい蛾が撮影され、アマチュア昆虫学者たちも興奮

手のひらより大きい蛾が撮影され、アマチュア昆虫学者たちも興奮
Facebook/Amateur Entomology Australia

オーストラリアのPam Taylorさんという女性が、最近、Facebookグループに投稿した写真。そこに写っている蛾の、並外れた大きさが話題になっている。

 

手のひらより大きい

 

それは、昆虫好きが集まるFacebookグループ「Amateur Entomology Australia(アマチュア昆虫学 オーストラリア)」に投稿されたもの。撮影場所は、オーストラリア・ブリスベン市郊外にあるキャンプ・マウンテンという場所だ。

 

木の枝にとまった蛾の大きさが分かるよう、Taylorさんは自分の手を近づけて撮っている。

 

Facebook/Amateur Entomology Australia

 

この蛾の大きさには、アマチュア昆虫学者たちも驚いた。「最初これを見たとき、嘘かと思った」、「まるで鳥みたい。オーストラリアにはこんなサイズの蛾がいるのか」、「ここまで大きいとモスラじゃないか」といったコメントが多く寄せられている。また、昆虫好きだけあって、「美しい」という感想も多く上がっている。

 

この蛾は、Giant Wood Moth(ジャイアント・ウッド・モス)と呼ばれるボクトウガの一種(学名はEndoxyla cinereus)らしい。海外メディアによれば、これは世界で最も重量のある蛾で、大きいものだと30g。羽を広げると幅25cm、体長は15cmほどになるそうだ。

 

Facebook/Amateur Entomology Australia

 

翌日、2匹になっていた

 

Taylorさんが写真を撮った2月23日は、夜になると天候が崩れ、嵐になったそう。巨大蛾がどうなっているか心配した彼女が、次の朝、同じ場所に行ってみたところ、何ともう1匹の巨大蛾と交尾中だったという。その写真もFacebookグループにアップされている。

 

Facebook/Amateur Entomology Australia

 

前後逆向きに重なり合っている2匹の、下にいる方が雌。Taylorさんが最初に見つけたのがこれで、雌の方が雄より大きい。

 

Wikipediaによれば、ジャイアント・ウッド・モスはオーストラリアの沿岸部とニュージーランドに生息しており、卵はユーカリの木に産み付けられるそうだ。(了)

 

出典元:UNILAD:Brisbane Woman Discovers Moth Size Of Human Hand With 10-Inch Wingspan(2/24)

出典元:Odditycentral:Australian Woman Photographs Moth Larger Than Her Hand(2/26)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top