Switch news

知っておきたい世界のニュース

南アフリカで、63羽のペンギンがハチの群れに襲われ死亡

南アフリカで、63羽のペンギンがハチの群れに襲われ死亡
flickr_Bernard DUPONT

南アフリカ共和国で、ペンギンがハチの群れに襲われ、多く死んでいるのが見つかった。

 

目の周りにハチに刺された跡が残る

 

死んだペンギンが見つかった場所は、ケープタウンの郊外の街、サイモンズ・タウンだという。

 

そこにはアフリカ・ペンギンの営巣地があったが、先日63羽も大量に死んでいるのが確認された。

 

死んだペンギンの目の周りには、ハチに刺された跡が残っており、現場にはハチの死骸も残っていたそうだ。

 

またすべてのペンギンが複数回ハチに刺されていたことから、ハチの群れに襲われて死んだと考えられている。

 

ペンギンのサンプルを病気や毒物の観点で調べる

 

ペンギンを襲ったのはケープミツバチと考えられ、国立公園に指定されたこの地域では、それらのハチは生態系の一部を担っているという。

 

しかし死んだペンギンには、ハチに刺された以外に外傷などがなかったことから、現在サンプルが送られて、病気や毒物の検査が行われているそうだ。

 

「沿岸鳥類保全のための南部アフリカ財団」の臨床獣医師であるDavid Roberts氏は次のように述べている。

 

「これは非常に稀なケースです。頻繁に起こるとは思っていません。たまたま起きたのでしょう。ペンギンは、すでに絶滅の危機に瀕しているので、このような形で死んでしまってはいけません。彼らは保護されている種なのです」(了)

 

アフリカ南部の海岸や島に生息するアフリカ・ペンギンは、国際自然保護連合のレッドリストに掲載されており、絶滅の危険性が高いと考えられている。

 

出典元:The Guardian:Bees kill 63 endangered penguins in South Africa(9/20)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top