Switch news

知っておきたい世界のニュース

何百万ものカニが今年も大移動、潰さないよう道路閉鎖に【オーストラリア】

何百万ものカニが今年も大移動、潰さないよう道路閉鎖に【オーストラリア】
ローソン 練馬富士見台店

オーストラリアのクリスマス島で、信じられない数のクリスマスアカガニが、繁殖のために海岸へ移動を開始。島内の道路が赤で覆われている。

 

年に1度の大移動が始まった

 

クリスマスアカガニ(学名:Gecarcoidea natalis)は、オーストラリア領のクリスマス島とココス諸島にしかいない固有種。クリスマス島には数千万匹が生息しているといわれ、繁殖期の大移動は島の名物になっている(Wikipedia)。

 

普段は森の中にいるクリスマスアカガニだが、雨季の始まりにあたる10月〜11月頃になると、月の満ち欠けに合わせて一斉に移動を始める。

 

Twitter/Parks Australia

 

オーストラリアの国立公園を管轄する政府機関「Parks Australia」によると、海岸に到着したカニたちは交尾し、雄の方はすぐに森に戻ってしまうそうだ。雌は受精卵を2週間ほど抱き続け、孵化する直前になると海に放出する。一匹の雌は、一度に10万個ほどの卵を産むとのこと。

 

数ヶ月前から備える住民たち

 

クリスマス島国立公園のマネージャーであるBianca Priest氏は、「大移動する何百万ものカニを守るため、公園のスタッフは(道路に沿って)何キロもの障壁を臨時に作ったり、標識を立てたり、道路を封鎖したりしています」と言う。

 

住民たちは数ヶ月も前から大移動に備え、カニたちをカニ用歩道橋に誘導する配置で、柵や壁を設置するそう。

 

Twitter/Parks Australia

 

今年クリスマス島に移住して来たある住人は、メディアの取材を受けてこう話す。

 

「クリスマスアカガニの大移動のことは耳にしたり、ビデオで見たりして知っていました。けれど、2021年にここに移って来るまで、自分の目で見たことはなかったんです。時期が近づくと、島の全住民が、いつ始まるだろうかと期待しながら準備をします。10月末に大移動が始まり、今カニたちは、繁殖のために海岸に向かっています」

 

野生生物のドキュメンタリー製作で世界的に有名なプロデューサーであり、動物学者でもあるデイビッド・アッテンボローという人は、このカニの大移動を「崖や岩場を海に向かって動く、巨大な緋色のカーテン」と形容したそうだ。(了)

 

出典元:Metro:Millions of red crabs close roads during stunning migration towards ocean(11/18)

出典元:Parks Australia:Native animals

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top