Switch news

知っておきたい世界のニュース

7年の時を経て、稀少なホワイトタイガーの赤ちゃんが誕生、インドの動物園で

7年の時を経て、稀少なホワイトタイガーの赤ちゃんが誕生、インドの動物園で
Twitter/Express Delhi-NCR

稀少なホワイトタイガーの母親が、インドの動物園で子供を生み、スタッフから歓迎されている。

 

3匹の赤ちゃんを出産

 

8月24日、インドのデリーにある国立動物園では、7年ぶりに3匹のホワイトタイガーの赤ちゃんが生まれたという。

 

3匹の子供は、7歳になる母親の「シータ」と、7歳から8歳になる父親の「ビジェイ」との間で生まれたのだが、ホワイトタイガーの子供が誕生したのは7年ぶりになるそうだ。

 

これまでデリー動物園には8頭のトラがおり、そのうち4頭がホワイトタイガーだったが、今回の出産でトラは合計で11頭となった。

 

スポンサーリンク

1カ月間は人間が干渉しない

 

動物園の職員によると、現在母親と子供のトラは動物園内の別の囲いの中におり、健康だという。

 

動物園のスタッフは24時間体制でトラと子供を監視しているが、人間が子供に触ると、母親が拒否反応を示すことがあるため、少なくとも1カ月までは、決して干渉しないようにしているそうだ。

 

このため現在、動物園の職員はエサと水だけを与えており、また母親が絶えず子供に授乳しているため、今のところ順調だと考えられている。

 

この動物園はトラの保護繁殖プログラムに参加している動物園の1つであり、「トラの子供の誕生はこの方向への大きな一歩となる」と述べている。(了)

 

出典元:Indian Express:After 7 years, Delhi zoo sees birth of 3 white tiger cubs(9/1)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top