Switch news

知っておきたい世界のニュース

ドージコインのシンボルになった日本の柴犬が白血病に

ドージコインのシンボルになった日本の柴犬が白血病に
Instagram/kabosumama

人気の仮想通貨ドージコインのシンボルとして有名な柴犬、「かぼす」が、病気で大変なことになっている。飼い主のかぼすママさんによれば、先月末「とても危険な状態」だったが、今は何とか持ち直しているとのこと。

 

胆管肝炎と白血病

 

かぼすママのインスタグラム投稿によると、柴犬のかぼすは急性胆管肝炎、および慢性リンパ腫白血病との診断を受けたそう。先月末の時点では「肝炎は危険な状態で黄疸も出ている」とのことだった。

 

かぼすはクリスマスイブの夜から体調を崩し、餌を食べず水も飲まなくなったため、病院で診察を受けた。ドクターからは「とても危険な状態だ」と言われ、自宅に帰ってからもぐったりしていたが、夕方になると立ち上がって歩いたそうだ。下にあるのがその様子を映したインスタグラム動画。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

かぼすママ(@kabosumama)がシェアした投稿

 

インスタグラムのコメント欄には、世界中のかぼすファンから応援の声が寄せられている。「みなさんの祈りとパワーは確実にかぼちゃんに届いています。どうもありがとうございます。絶対に良くなりますから、かぼちゃんの復活を見ていてくださいね!!」とかぼすママ。

 

スポンサーリンク

ブログ投稿から有名になった「かぼす」

 

柴犬のかぼすは、2010年にかぼすママがブログに投稿した写真で有名になった。前足を交差させ、少し驚いたような表情で、カメラを横目で見るかぼすを、どこかで見た人も多いのではないだろうか。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

かぼすママ(@kabosumama)がシェアした投稿

 

この写真はアメリカのTumblr(タンブラー)やソーシャルニュースサイト「Reddit」などで拡散され、Dogならぬ「Doge(ドージ)」というニックネームで人気沸騰。かぼすの写真には、様々なセリフが追加されたバージョンが生まれ、SNSに再投稿された。

 

その後、かぼすは仮想通貨ドージコインのシンボルに採用され、写真はNFT(非代替性トークン)として400万ドル(約5億2000万円)の値がついた。

 

かぼすは写真に撮られるのが好きなのだそう。それでかぼすママは、自分のブログに写真を掲載していたが、これほど有名になるとは思っていなかったと語っている。(了)

 

出典元:NBC News:Shiba inu behind ‘Doge’ meme diagnosed with leukemia and liver disease, owner says(12/28)

出典元:Metro:The Shiba Inu from the viral ‘doge’ meme is seriously ill with cancer(12/29)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top