Switch news

マイケル・ジャクソンを取り入れた体操床運動で10点満点が出た

マイケル・ジャクソンを取り入れた体操床運動で10点満点が出た
Twitter/UCLA Gymnastics

今月12日に米国カリフォルニアで開催された女子体操の大会で、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の選手が10点満点を出した。

 

その演技がSNSに投稿され、話題になっている。10点満点だからではなく、マイケル・ジャクソンのダンススタイルを取り入れたユニークさが注目されている。

 

3日間で3500万回再生の動画

 

UCLAがツィッターやFacebookに投稿した動画に映っているのは、12日に開催された女子体操の競技大会「2019 Collegiate Challenge」での、Katelyn Ohashiさん(21才)の演技だ。

 

曲はマイケル・ジャクソンを中心としたアップビートのポップロック。Ohashiさんは、明らかにマイケル・ジャクソンのダンスにインスパイアされたと見える振りつけを披露する。回転や宙返りの合間に観客を指差し、頭上に掲げた両手で拍手をする。

 

Katelyn Ohashi – 10.0 Floor (1-12-19)

A 🔟 isn't enough for this floor routine by Katelyn Ohashi at the Collegiate Challenge in Anaheim, CA.

UCLA Gymnasticsさんの投稿 2019年1月12日土曜日

 

Facebookに投稿された動画はこれまでに1600万回再生。ツィッターへの投稿はなんと3500万回以上再生され、67万以上の「いいね」が付いている。

 

(Katelyn Ohashiの床運動ルーチンに、10点では不足だ)

 

Ohashiさんは数年前まで、ワールドクラスの競技会に出場していたが、交通事故で負傷してからは大学レベルの大会が主戦場となっている。2018年NCAA(全米大学体育協会)チャンピオンシップの女子床運動種目で優勝している。(了)

 

 

出典元:abc15:UCLA gymnast earns perfect 10 with Michael Jackson-inspired routine, social media flips out(1/14)

出典元:USA Today:UCLA gymnast Katelyn Ohashi scores a perfect 10 with must-see routine(1/15)

Return Top