Switch news

独メルケル首相の震え止まらず、公開された式典での映像がショッキング

独メルケル首相の震え止まらず、公開された式典での映像がショッキング
Twitter/DW

ドイツのアンゲラ・メルケル首相が体調不良で、体を激しく震わす動画が公開されているが、もうご覧になっただろうか。

 

次第に震えが激しくなっていく

 

メルケル首相は18日、ウクライナのVolodymyr Zelensky大統領を首相府に迎え、その後軍による栄誉礼に立ち会った。

 

当時、メルケル首相は日差しが照りつける中、ウクライナの大統領の横に立ち続けていたが、やがて小刻みに体を振るわせ始めた。

 

しかもその後も震えは止まらず、腕を何度も持ち上げては、こらえ続けた、その時の動画がこちら。

 

「水をグラス3杯飲みました」

 

それから90分後に開かれた記者会見で、メルケル首相は健康問題について記者から質問を受けたという。

 

彼女はその際、微笑みながら「少なくともグラス3杯の水を飲みました。だから今は良くなっています」と答え、脱水症状を起こしたことを示唆したそうだ。

 

またウクライナのZelensky大統領も「もし必要であれば、私が助けにいっただろう」と述べ、さらに「彼女は私の隣で立っていた、しっかりと安全にね」と述べ、その場をやわらげた。

 

メルケル首相はしばしば、ヨーロッパ連合(EU)の中でも最も影響力のある人物と呼ばれ、世界でも最もパワフルな女性とみなされてきた。

 

そして来月には65歳の誕生日を迎えるが、先日2021年までの任期が終わった時点で、政界を引退する旨を述べていたという。(了)

 

 

出典元:The Local:Merkel blames dehydration for trembling spell(6/18)

Return Top