Switch news

知っておきたい世界のニュース

ミャンマーの国連大使が総会で勇気ある演説、国際社会に軍の排除を訴える

ミャンマーの国連大使が総会で勇気ある演説、国際社会に軍の排除を訴える
Twitter/Matthew Tostevin

ミャンマーの国連大使が、世界に対してクーデターを起こした軍を排除するよう求め、その後解任された。

 

「国際社会からの行動を必要としている」

 

そのミャンマーの国連大使とは、Kyaw Moe Tun氏だ。

 

彼は2月26日に開かれた国連総会に出席。演説において、民主主義を取り戻すためにミャンマー軍に対するあらゆる必要な行動を起こすよう、国際社会に求め、次のように述べた。

 

「私たちは、ただちに軍によるクーデターを終わらせるため、無実の人々への抑圧をやめさせるため、国家権力を人々に返すため、民主主義を回復させるために、国際社会からの最も強力なアクションを必要としています」

 

その後、Kyaw Moe Tun国連大使は、軍事クーデターに反対する象徴的なジェスチャー、3本指を突き立てたという。

 

翌日、軍は大使を解任

 

Kyaw Moe Tun国連大使の演説は、総会においても拍手で迎えられ、アメリカの代表であるLinda Thomas-Greenfield国連大使も、彼の発言を「勇気」あるものだと称えたそうだ。

 

しかしその翌日、27日にはミャンマーの国営放送は、Kyaw Moe Tun大使が軍によって解任されたと報じた。

 

その報道では、Kyaw Moe Tun国連大使が国家を裏切り、大使としての責任や権力を乱用したと伝えたそうだ。

 

しかし国連の関係者はReutersに対し、軍事政権を新しいミャンマー政府と公式に認めておらず、いまだにKyaw Moe Tun氏がミャンマーの国連大使の地位にあるとみなしている、と述べている。

 

また別の公式声明においても、国連のスポークスマンであるStephane Dujarric氏は「ニューヨークの国連でのミャンマー代表の変更に関する連絡を、私たちは受けていない」と語ったという。

 

ミャンマーでは2月28日にも抗議デモが行われ、治安部隊による発砲で、少なくとも18人が死亡したと言われている。(了)

 

 

出典元:BBC:Myanmar coup: UN ambassador fired after anti-army speech(2/28)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top