Switch news

知っておきたい世界のニュース

米の小学校で発砲事件、1年生の生徒が女性教師を拳銃で撃つ

米の小学校で発砲事件、1年生の生徒が女性教師を拳銃で撃つ
Twitter/RAWSALERTS

アメリカの小学校で子供が銃を発砲し、女性教師が負傷するという驚くべき事件が起きた。

 

30代の女性教師が危険な状態

 

この事件が発生したのは1月6日、場所はバージニア州の町、ニューポートニュースにあるリッチネック小学校とされている。

 

その日の午後2時ごろ、1年生の教室で発砲があり、30代の女性教師が負傷。地元の病院へ搬送されたという。

 

現時点で負傷の程度は明らかになっていない。ただ生命に危険が及ぶ状況だとも考えられている。

 

スポンサーリンク

犯人は6歳の生徒、口論が原因か

 

発砲したのは6歳になる生徒とされ、原因は教師との口論だったと考えられている。

 

ただ口論の原因も不明のままで、6歳の子供がどのようにして拳銃を手に入れたのかも分かっていない。

 

また他の生徒に負傷者はおらず、学校の教員は事件後、生徒たちを体育館に移動させ、皆を落ち着かせたという。

 

ニューポートニュース警察のスティーブ・ドリュー署長は会見で「今回の事件は、誤射ではない」とし、生徒と教師が学校外で個人的な関係があったようには見えない、と述べている。

 

現在、銃を発砲した6歳の生徒は、警察に拘束されているそうだ。(了)

 

出典元:ABC News:Teacher injured in shooting at Virginia elementary school, 6-year-old suspect in custody: Police(1/7)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top