Switch news

知っておきたい世界のニュース

【ロシア】記念集会の放送、プーチン大統領の演説が途中でカットされる

【ロシア】記念集会の放送、プーチン大統領の演説が途中でカットされる
Twitter/Zaid Ahmd

3月18日、ロシアの首都・モスクワでクリミア併合8周年を記念する集会が開かれた。

 

突然、コンサートの場面に切り替わる

 

モスクワにあるルジニキ・スタジアムには、多くの観衆が集まり、プーチン大統領も出席。クリミア併合8周年を祝ったという。

 

と同時に、プーチン大統領はウクライナへの侵攻を正当化する演説を行い、ロシア国民に結束を呼び掛けた。

 

この様子は国営テレビで放映されていたが、プーチン大統領の演説の途中、突然画面が切り替わり、コンサートの場面が映ったという。

 

 

この原因については明らかになっていないが、一応「技術的な故障」が起きたと考えられている。

 

スポンサーリンク

観客はお金をもらっていた?

 

また演説では、プーチン大統領が今回のウクライナへの「特別作戦」を成功だと自画自賛。10万人が集まったとされるスタジアムには歓声が響き、人々は「ロシア、ロシア」と唱えたという。

 

しかし観客の一部はこの時「ブーイング」をしていたとされ、また観客の多くは公共セクターで働いており、「強制的」に参加させられたとの指摘もある。

 

 

さらに集会に参加した人には、500ルーブルが支払われたともいわれている。

 

実際に、ツイッターに投稿された動画には、スタジアムに来るという「義務」を果たした人が、集会が始まる前から早々に引き上げていく様子も投稿されていた。(了)

 

 

出典元:METRO:Putin ominously cut-off mid-speech by state broadcaster during latest rant(3/18)

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war latest: Zelenskiy urges ‘honest’ peace talks without delay ; Biden outlines ‘consequences’ if China aids Russia – live(3/18)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top