Switch news

World News Odyssey

Pickup

高速で動き回り、障害物をジャンプして越えられる2脚車輪ロボットが驚異的

高速で動き回り、障害物をジャンプして越えられる2脚車輪ロボットが驚異的
YouTube/Boston Dynamics

グーグルの親会社「Alphabet」が所有するメーカーが、高い運動能力を持つロボットを開発し、注目を集めている。

障害物があってもジャンプして越える

 

そのロボットメーカーとは「Boston Dynamics」。彼らは2脚車輪で動き回るロボット「Handle」を開発し、その能力を動画で披露した。

 

動画の中の「Handle」は2つのタイヤと関節を使い、非常に素早く動いている。

 

 

またメーカーの説明ではまだ平らな場所でしかうまく移動できないとしているが、階段の段差や草地もものともしない。

 

 

体の上部には2本の腕もついており、約45kgの物を持ち上げて運ぶことも可能。

 

 

さらに障害物があっても驚くような跳躍力を見せ、ジャンプして越えることもできる。

 

 

複雑さを抑え、低コストになる可能性も

 

メーカーによれば「Handle」の背の高さは6.5フィート(約2m)、時速14kmで移動し、4フィート(約1.2m)も垂直に跳躍できるという。

 

バッテリー動力のモーターと油圧アクチュエータで駆動し、一度の充電で約15マイル(24km)の範囲まで移動できるそうだ。

 

しかも体を折り曲げた時にも頭や腕が逆方向に向くなど、自動バランス機能を備えており、2輪で素早く移動しても転ばす、またしゃがんだり低い姿勢をとったりすることもできるとしている。

 

Boston Dynamicsは、英紙DailyMailの取材で次のように語っている。

 

「Handleは私たちが作ってきた4足、2足歩行のロボットで見られるのと同じような動力やバランス、機動力のある操作性の仕組みを多く取り入れています。しかも可動な関節は約10個しかなく、複雑さがより抑えられています。タイヤと2脚の両方を組み合わせることで、Handleは両方の世界の最も良い部分を手に入れられたのです」

 

また彼らによれば、開発はまだ人間型ロボットと同じことができるのかを見極めている段階としながらも、「Handle」には最終的に低コストで同じ能力を有する可能性があるという。(了)

 

 

 

出展元:DailyMail:Say hello to Handle (but don’t get in his way): Watch the spinning, jumping 6 foot 5 ‘nightmare-inducing’ robot on wheels from Google’s Boston Dynamics in action(2/27)

Return Top