Switch news

知っておきたい世界のニュース

アル中と疑われていた女性、実は膀胱でアルコールを生成してしまう病気だった

アル中と疑われていた女性、実は膀胱でアルコールを生成してしまう病気だった
写真AC

アルコール中毒であることを隠していたため、肝臓移植の待機者リストから何度も外されていた米国人女性。実は、膀胱内で尿を発酵させてアルコールを醸造してしまうという、非常に珍しい病気であることが最近分かった。

 

アル中を隠していると思われて

 

病気が分かったのは、61才のその女性(名前は明かされていない)が米ペンシルベニア州のピッツバーグ大学医療センターで、肝移植の待機者リストに登録を希望したのがきっかけだった。

 

彼女はそれまでにも複数の病院でリストに登録しようとし、その度に不適格として断られてきた。理由は過度の飲酒。

 

彼女自身は、アルコールなど一滴も飲んでいない、と主張していたが、尿検査を何度やってもアルコールが検出される。誰もが、彼女はアル中を隠している、と思った。そして、ピッツバーグ大学医療センターでも同じ結論になる……はずだった。

 

謎を解いた担当医

 

検査数値に噛み合わない部分があると気づいたのは、彼女の検査を担当した日本人医師・玉真健一氏(同大学准教授、臨床毒性学研究室室長)だった。通常、お酒を飲んだ人の尿からは、飲んでから数日間にわたってエチルグルクロニドや硫酸エチルというアルコール代謝物が検出される。しかし、彼女にはそれが出ていなかったという。

 

尿からは確かにアルコールが検出される。しかし、アルコールを飲んだ証拠となる代謝物は検出されない。この矛盾を解く鍵は、やはり検査数値の中にあった。

 

玉真医師は、別の病院の検査結果を見て、彼女の尿に含まれる酵母(yeast)と糖の数値が異常に高いことに気づく。そこから導き出される結論は、ちょうどビールの醸造所のように、「酵母が糖を発酵させてアルコールを生成している」ということ。

 

その後、彼女の尿サンプルで培養実験を行うと、まさにその通りであることが分かった。同時に、カンジダ・グラブラタという常在菌の一種が酵母として特定できた。彼女の尿に糖が多かったのは、糖尿病を放置していたためだった。

 

腸などでアルコールを醸造してしまう「自動醸造所症候群」という病気はあるが、膀胱で醸造する例はこれまで報告がなく、彼女の病気に正式な名前は付いていない。(暫定的に「尿自動醸造症候群(urinary auto-brewery syndrome)」または「膀胱発酵症候群(bladder fermentation syndrome)」と呼ばれている)

 

この特異な病気を考慮した上で、ピッツバーグ大学医療センターは、彼女を肝移植の待機リストに登録することを検討している。(了)

 

出典元:CNN:A patient kept getting kicked off liver transplant waiting lists for alcohol abuse. But she wasn’t drinking, her bladder was making the alcohol(2/26)

出典元:Odditycentral:Woman Accused of Alcohol Abuse Actually Had an Alcohol-Producing Bladder(2/26)

Return Top