ハンド・スピナーが宇宙に運ばれたら…NASAの宇宙飛行士がユニークな実験を披露

  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

子供や大人にも人気のおもちゃ「ハンド・スピナー(フィジット・スピナー)」が宇宙にまで運ばれ、実際にどのように回転するのかを紹介した動画が公開されている。

 

国際宇宙ステーションにまで運ばれる

 

その動画を公開したのは、NASAの宇宙飛行士であるRandy Bresnikさん。

 

彼は現在、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているのだが、運ばれた「ハンド・スピナー」を回転させ、その様子をツイッターで公開した。

 

そもそも「ハンド・スピナー」は地球上でもよく回わるが、動画の中のスピナーはそれ以上に延々と回転し続けた。

浮くために、ベアリングの摩擦が少ない

 

Bresnikさんによれば、ISSの「ハンド・スピナー」は重力の影響を受けずに浮くため、中央のベアリングの摩擦が減り、想像以上によく回転し続けたという。

 

無論、Bresnikさんらは実際にスピナーが何時間くらい回り続けたのかは、計測してはいない。

 

しかし動画では宇宙ステーションでしか見られない、スピナーのユニークなさまざまな動きを披露している。

Twitter/Randy Bresnik

Twitter/Randy Bresnik

Twitter/Randy Bresnik

それにしてもISSにまで「ハンド・スピナー」が運ばれるとは、ユーモアあふれる試みと言えるかもしれない。(了)

 

出典元:INDEPENDENT:Fidget spinners in space are even better than on Earth(10/14)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  • 1
  •  
  •  
  •  
  •  
  •