Switch news




イースターバニーの着ぐるみが喧嘩に加わり猛烈パンチ

イースターバニーの着ぐるみが喧嘩に加わり猛烈パンチ
Instagram/gprodigy

欧米ではイースターエッグを運んで来ると言われている、イースターバニー(復活祭のウサギ)。このイースターバニーが路上の喧嘩に加わり、奮闘するという奇妙な動画が話題になっている。

 

路上で男女がつかみ合い

 

それは今月21日、米国フロリダ州オーランド市内の路上であった出来事。

 

市内オレンジアベニューにあるコメディ・クラブ「SAK Comedy Lab」前の路上で、男女の掴み合いが始まった。

 

動画に映った女性は警備員のような服装をしている。一方、相手の男性はホームレスのようだ。

 

路上に倒れた女性を、男性が押さえつけていると、イースターバニーが近づいて来て、男性に連続パンチを浴びせる。

 

集まった野次馬からは、罵声や歓声が上がっている。「とんでもないイースターバニーが、喧嘩に割って入ってるぞ(We got a fuckin’ Easter bunny braking up fights)」という声が聞こえる。

 

海外メディアによれば、この後すぐに警察がやって来て3人を取り押さえたそうだ。

 

この騒動を撮影したworkfthさんという人がインスタグラムに投稿したところ、瞬く間に拡散され、メディアまでがニュースとして取り上げることになった。

 

workfthさんの投稿は現在削除されているが、その場に居合わせた多くの人が同じ場面を録画、投稿している。

 

バニーの中は黒人男性

 

着ぐるみの中に入っていたのはAntonie McDonaldさんという黒人男性。後日、メディアの取材を受けたAntonieさんはこう言っている。

 

僕は、普段は何があっても喧嘩を避けるタイプの人間です。でも、あの時の状況にもし再び直面したら、いつでも喧嘩するでしょう。

 

バニーの着ぐるみは、数ヶ月前に友人と一緒に買ったもので、21日はそれを着てバーに行き、他の客たちの笑いを取ろうとしたそうだ。ところが、路上で激しく口論している男女に遭遇し、割って入ることになったという。

 

その男が彼女をいじめていたかどうかは確かじゃありません。けれど、彼女に唾を吐きかけていました。そうしたら彼女は男に掴みかかっていきました。

 

その男女は、Antonieさんとは赤の他人。だが、女性を侮蔑するような態度は許せない、とAntonieさんは言う。

 

今回やったことに対して、自分では満足していると言っていいでしょう。相手が黒人だからといって、唾を吐きかけていいことにはならない。特に、黒人女性だからいいということはない。そのことを周りの人に示せたと思います。

 

Antonieさんも相手の男女も、警察から事情聴取されたが、罪は問われなかった。(了)

 

出典元:Metro:Easter bunny filmed throwing punches during vicious street brawl(4/22)

出典元:Click Orlando:Easter Bunny in downtown Orlando fight video explains why he threw punches(4/23)

Return Top