Switch news

知っておきたい世界のニュース

笛でアライグマを呼ぶネイティブ・アメリカンの秘術が効き過ぎて驚き【動画】

笛でアライグマを呼ぶネイティブ・アメリカンの秘術が効き過ぎて驚き【動画】
Facebook/Eddy Lawrence

1人の男性が森で笛を吹くと、不思議なことにアライグマが次々と現れ、まるで曲に聴き入るようにその男性の周囲に集まる——こんな動画が、今、海外のSNSで話題になっている。

 

ハーメルンの笛吹き男

 

米国ニューヨーク州のミュージシャン、Eddy Lawrenceさんは「ハーメルンの笛吹き男」を自称する。

 

だが、彼が笛で呼び寄せるのは、昔話の「ハーメルンの笛吹き男」のようなネズミや子供たちではなく、アライグマだ。

 

Eddyさんの本職はシンガーソングライターだが、余技として、最近ネイティブ・アメリカンの縦笛を習い始めた。その成果を披露したのが話題になっている動画だ。

 

インディアンの歌「アライグマのダンス」

 

Eddyさんによれば、動画の中で吹いている曲は、ネイティブ・アメリカンに伝わる「アライグマのダンス(Raccoon Dance)」という歌のメロディだそう。

 

この曲は、アライグマを呼び寄せる力があるらしい。

 

 

動画の中で、森の小道に立つEddyさんが笛を吹き始めると、森の奥からアライグマが次々と出て来て、躊躇せずに小道を横切り、Eddyさんの近くに寄って行く。

 

9月20日にFacebookに投稿されたこの動画は、すぐさま話題になり、1万3000回以上シェアされた。

 

安心感を与える音?

 

動画が有名になったせいで、Eddyさんはメディアの取材を受けた。その中でこう言っている。

 

アライグマたちは、ダンスはしませんでしたが、僕がやっていることに興味を持って見に来ました。

 

アライグマたちを森の中から引き寄せたのは、笛が出す優しい音のせいではないかとEddyさんは推測する。

 

このネイティブ・アメリカンの笛は、非常にメロウ(mellow)な音色です。それが彼ら(アライグマ)に、「安心していいよ」というサインを送るのではないでしょうか。

 

Eddyさんは、ネイティブ・アメリカンの縦笛を習い始めてまだ1カ月のビギナー。メロディに込められた不思議な力が発揮されるには、まだ早いと思っているようだ。(了)

 

出典元:Inside Edition:The Pied Piper of Raccoons: Critters Flock to Musician Playing a Tune in New York(9/27)

出典元:Liftable:Raccoons Emerge from Woods and Flock to Man When He Starts Playing Tune(9/28)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top