Switch news

知っておきたい世界のニュース

海底でピアノを弾いたらどうなる?英男性が潜って演奏に挑戦【動画】

海底でピアノを弾いたらどうなる?英男性が潜って演奏に挑戦【動画】
Instagram/joejenkins

世の中には物好きな人がいるものだ。イギリス·ブリストル市に住むJoe Jenkinsさんという人が、わざわざスキューバダイビングで海に潜り、海底に置いたピアノを演奏した。動画がインスタグラムに投稿されている。もちろん音付きだ。

 

映画『リトル・マーメイド』の「アンダー・ザ・シー」を弾く

 

ピアノが趣味のJenkinsさんは、自宅や街中での演奏をインスタグラムにアップしている。これだけなら普通なのだが、彼の場合、ボートの上や、バッキンガム宮殿の前、熱気球のゴンドラの上という、とんでもない場所にもピアノを持ち込み、演奏動画を公開している。

 

そんな彼が今回選んだ場所は海中。黄色いピアノを海に沈め、ダイビングギアをフル装備して演奏に臨んだ。

 

曲目は海中にふさわしい「アンダー・ザ・シー(Under the Sea)」。ディズニー映画『リトル・マーメイド』の中で、カニのセバスチャンが、人魚アリエルを海にとどまらせようとして歌う歌だ。

 

下にあるのがその動画。驚いたことに音は出ている。ただ、水でピアノ線の振動が抑えられるのか、響きが全くない。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joe Jenkins(@joejenkins)がシェアした投稿

スポンサーリンク

2年間かけて実現

 

Jenkinsさんが海底での演奏に挑戦したのは、2年ほど前にある人から、「できるか」と挑発されたからだそう。これまでに挑戦した人はいたが「沈めたピアノの深さの半分までしか潜れず、鍵盤に届かなかった」とJenkinsさんはメディアに話している。

 

今回彼が沈めたピアノは、ハンマーメカニズムの部分がプラスチックでできているとのこと。通常の木製のものだと、水を吸って動かなくなるようだ。

 

準備に2年もかかったのは、ピアノを水中でも鳴るようにすることや、安全衛生に関する法規制に触れないようにするのが大変だったからだという。

 

海中の次はどこで弾きたいか、と質問された彼は、エルトン・ジョンの曲「ロケット・マン」を宇宙で弾ければ楽しいだろう、と答えた。(了)

 

出典元:The IndianExpress:Watch: Pianist goes underwater to play the Little Mermaid’s ‘Under the Sea’(12/13)
出典元:BBC News:YouTuber Joe Jenkins plays his piano under the sea(12/6)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top