Switch news

知っておきたい世界のニュース

死亡説が囁かれていた元カナダ兵の狙撃手「ワリ」、生きていることが判明

死亡説が囁かれていた元カナダ兵の狙撃手「ワリ」、生きていることが判明
Twitter/Visegrád 24

元カナダ兵の狙撃手「ワリ」が死亡したとの噂が流されていたが、先日、本人がメディアのインタビューを受け、死亡説を一笑に付した。

 

ネット上で戦死の情報が出回る

 

「ワリ」は最強の狙撃手と噂され、先日ロシア軍と戦うために、カナダからウクライナに入国していた。

 

彼は家族の身元を保護するために「ワリ」と名乗っており、最長距離狙撃の記録を持っているとも言われている。

 

しかし数週間前からネット上で、「ワリがウクライナで戦死した」との情報が出回っていたそうだ。

 

Twitter/Visegrád 24
スポンサーリンク

「かすり傷一つ負っていない」

 

ロシアのソーシャルメディアサイト「VKontakte」に投稿された情報では、「ワリ」がマリウポリに到着した直後、ロシア軍に殺されたと主張していたという。

 

しかし先日、「ワリ」はカナダのメディア「CBC」のインタビューを受け、「まあ、私は生きていますよ」と笑いながら答えたそうだ。

 

 

そのインタビューによれば、「ワリ」は、キエフの最前線でロシア軍と戦って1週間を過ごした後、3月21日にウクライナの安全な場所に退却したという。

 

また最前線にいた時には、周波数などによって位置が特定されるため、携帯電話を持っておらず、遠隔地の基地でも携帯の電源を切っていたそうだ。

 

「ワリ」はインタビューにおいて「確かに危険ではあったが、私は生きていた。かすり傷一つなかった」と答えている。

 

この死亡説はロシア側の偽情報の1つと考えられているが、噂を聞いた家族や見知らぬ人までもが連絡を取ろうとしたという。(了)

 

出典元:ABC net:Former Canadian forces sniper ‘Wali’ debunks Russian disinformation campaign that claims he died in Ukraine(3/24)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top