Switch news

知っておきたい世界のニュース

飛行機への恐怖を克服するため…娘が作った人形を43年間持ち続けた父親が話題に

飛行機への恐怖を克服するため…娘が作った人形を43年間持ち続けた父親が話題に
Reddit

長い間、飛行機に乗るたびに、娘に作ってもらった人形を持ち続けていた父親のエピソードが、注目を集めている。

 

43年間も人形を持ち続けた父親

 

その父親とは、アメリカのコネチカット州に住むJames Grashowさん。

 

彼の娘、Zoeさんは5歳の時、父親のために小さな人形(ぬいぐるみ)を作って上げたという。

 

その理由は、父親が飛行機に乗ることを怖がらないようにするため。

 

以来、Jamesさんは43年間、飛行機に乗るたびにお守りのようにして、この人形を持ち続けてきたそうだ。

 

Jamesさんは取材に対し「私はマジックを信じます。愛によって作られたマジックほど、パワフルなものはありません」と述べている。

 

My Dad is afraid to fly, so when I was 5 yrs old I made him a doll to hold on the plane. Mom just sent me this picture. He is packed to come visit me. The doll is 43 years old! from aww

スポンサーリンク

いつも人形を握っていた

 

このエピソードが注目を集めたのは、ZoeさんがRedditに人形の写真を投稿したこと。

 

彼女は投稿の中で「今、ママがこの写真を送ってきたの。パパが私たちのところへ来るのに、荷物をまとめている。この人形は43歳にもなるのよ!」と語っている。

 

また彼女はBBCの取材に対しても、次のように語っている。

 

「私の父はいつも空を飛ぶのを怖がっていました。彼は飛ぶことの恐怖から、多くの機会を断ってきたのです」

 

しかしJamesさんは43年前、仕事でバレエの準備のため、キューバへ向かうことに。しかしそこへ行くには、アメリカからカナダのトロントを経由して、飛行機で向かわねばならない。

 

その時、5歳になるZoeさんが父親のために人形を作り、持たせたのだという。

 

「私は覚えています。人形を失くした時、すごいパニックに陥ったことを。私たちが見つけるまで、皆震え上がっていました。父親は飛行機に乗る時、いつも人形をしっかり握っていました」とZoeさんは語っている。

 

彼女の投稿は約10万人の心をとらえ、多くのコメントがよせられている。

 

「私も娘がクレヨンで好きな番号、33を書いてくれた紙切れを持っていたよ。23年たった今でも、ずっと財布の中に入っている」

「僕もパパに粘土でできた変なマグカップを作ったよ。それはまだパパのオフィスにあるよ」

「この写真は、私を泣かせるわ。父は20年前に亡くなったけど、今でもパパのものは持っている」

「とってもスウィートな話だ」

「あなたの話は、今夜を素敵にしてくれた。ありがとう」

 

困難に直面した時に救ってくれた人形。Jamesさんは娘のことを思い、人形を握りしめ、恐怖を克服してきたのだろう。(了)

 

 

出典元:BBC:Dad’s comfort doll ‘helping him fly for 43 years’(1/27)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top